園子温監督作品「TOKYO TRIBE」サイコ〜〜〜!

TOKYO TRIBE
(C)2014 INOUE SANTA/TOKYO TRIBE FILM PARTNERS
映画「TOKYO TRIBE
作品情報



ノンストップラップミュージカルアクション、ということで、とにかくスピード感が半端ない作品です。水曜日のレディースデーにまず一度観て、すぐさま翌日もう一度観に行きました。それでも足りない。ブルーレイ出たら即買い!です。

長回しのカメラワークが素晴らしく、いったいどうやって撮ってるんだろう、というシーンばかり。メイキングも見てみたいです。アクションも素晴らしいです。特に二人のヒロイン。あ、一人は女の子だけど役としては男の子だっけ笑。19歳と18歳のコンビのこの二人、アクションスクール出身のようです。今後の活躍に期待特大です。

あんな人こんな人、びっくりするような出演者が沢山で、一瞬そっくりさんかと思ったくらい。でもあの胸のデカさはやっぱり本人だった。内容としてはViolense&Sexが8割(残りはMusic1割、Love&Peace1割といったところ)なので子どもにはとても見せられない作品です。もちろんR15+指定されてますよ。

ラップにはあまり興味がなくて、そこいらへんに若干不安はあったのですが、始まってみると全然気になりませんでした。好き嫌いは別れるかもしれませんが、先入観なしにとにかく一人でも多くの人に、スクリーンから溢れるエネルギーを感じて欲しいと思います。

園子温監督って若いのかと思ったら、私より年上なのね。どこからあんなエネルギーを掘り出してくるのかしら、不思議だわ。

スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

鬼才

すみません。『TOKYO TRIBE』について、「きたあかり日記」で書いちゃいました。やっぱ、アクションのわからないアタシより、ケフコタカハシさんに観てもらった方が良いような気のする映画です。とはいえ、エネルギーの爆発は感じました。やはり鬼才エネルギーでしょうか。

Re: 鬼才

コメントありがとうです、きたあかりさん。

> すみません。『TOKYO TRIBE』について、「きたあかり日記」で書いちゃいました。

おお、ご覧になりましたか。あれはガハハと笑いとばす作品ですよ。なんせ「どっちの◯ン◯が大きいか」が最重要テーマですから。

そうだったのか

あれは笑い飛ばす作品だったのか!
笑っていいのか泣いていいのかブラボーでいいのか
アタシにはわかんなかった・・・
ええ、精進に励みますですわよ。

Re: そうだったのか

コメントありがとうです、きたあかりさん。

> あれは笑い飛ばす作品だったのか!

私の園子温作品の印象は、常にユーモアを忘れないそれでいてシュールな作風です。
まぁ、逆にこの作品くらいぶっ飛ぶと、どこで笑っていいのかわからなくなるのも確かかも。
Secret

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

観たいと思っている作品

「神様メール」「王様のためのホログラム」「パッセンジャー」「ファウンダー」「亜人」「散歩する侵略者」「エルネスト」「デイアンドナイト」「ハード・コア」

手に入れたいソフト

「ドラマうぬぼれ刑事」 「インサイド・ルーウィン・デイビス名もなき男の歌」 「皆はこう呼んだ鋼鉄ジーグ」 「サブリナ」新旧2作

一生観ないと誓った作品

「スパイダーマン」「ゴジラを始めとした大きい物の出てくる作品」「ジョーズ」「ゼログラビティ」「エイリアン」「オープンウォーター」「ブラックスワン」「ポセイドン・アドベンチャー」「E・T」

最近観た作品

「楊家将〜烈士七兄弟の伝説〜」「イブの総て」「百万長者と結婚する方法」「スーザンを探して」「おしゃれ泥棒」「子連れ狼」「PAN」「バクダッドカフェ」「グッド・ウィル・ハンティング旅立ち」「トースト」「坂の上の雲」「SMOKE」「エアフォースワン」「シュガーラッシュ」「ワイルド7」「ライフ・イズ・ビューティフル」「予告犯」「グラスホッパー」「ひみず」「ヒメアノ〜ル」「パリ、テキサス」「パパは出張中」「キングオブエジプト」「SCOOP」「ママ、ごはんまだ?」「イーグル・ジャンプ」「ジュピター」「暗殺の森」

ヒゲハゲ満足度について

映画やドラマなどの映像作品において、ヒゲハゲ観察ポイントを★の数で表しました。ヒゲハゲが期待通りの場合の3★★★☆☆を標準とし、期待を上回ると4〜5、下回ると1〜2となります。本来ならヒゲハゲを期待できない作品(アニメを始めとした子ども向け作品、あるいは若者向け青春物語等)において、何かしら麗しいヒゲハゲが見られたなら★がつく場合もあります。

あなたの清き一票を!

プロフィール

ケフコタカハシ

Author:ケフコタカハシ
半世紀を越える人生のほとんどを西洋かぶれで過ごしてきた主婦。ここ2年ほど山田孝之演じる実写版ウシジマくん中毒。「闇金ウシジマくんthe final」13回観ました。バイバイウシジマなんて言いませんからね〜!

どーでもいい日常の記録
「チェックも縞のうち」


闘病記の
「女の終活日記」
もよろしく。

現在の主な観察対象:山田孝之、ジェイソン・ステイサム
初恋の禿:ユル・ブリンナー
初恋の髭:デニス・ウィーバー
初恋の髯禿:ショーン・コネリー
大きくなったらなりたい物:仙人
将来の夢:一人暮らし
今一番行ってみたい場所:グランドキャニオンとラスベガス、香港
将来の希望:山田孝之の美白ヒゲを拝むこと

カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示