大河ドラマ「真田丸」第37回感想

「わしがお仕えする家はことごとく滅ぶ」「まだ真田は滅んではおりません」小山田茂誠と松の夫婦、ここにきて再び大活躍です。


0917nobuyuki.jpg
徳川から改名を迫られ幸の字を捨てるゲンザブロー



「降伏はせんぞ、真田は徳川に勝ったのじゃ」と言い張る昌幸を「勝敗は決しました、これ以上の戦いは無駄」と必死で説得するゲンジロー。
座り込んで駄々っ子のように悔しがる昌幸パパの様子が切ない。
この演出も、この後の九度山への蟄居の前フリなんですよね。

0918mkasemasho.jpg
「後は兄上に任せましょう」


一方で徳川についたゲンザブローも必死です。
「徳川様に命乞いをいたします、父親の命を救うのは子の務めでございます」と言い残し大坂に向かうゲンジローに「そなたの親を思う心あっぱれじゃ」と一緒について来てくれた舅本多忠勝の心強いこと。


0917tasakatu.jpg
「殿にはむかったのは生まれて初めてじゃ」


「某に免じてどうかお助けください、平八郎は本気でござる」とまで言ってくれて、なんとか二人の命だけは助かりました。
ところが家康から下された命のなんといやらしいことと言ったら。


0917sinuyori.jpg
「死よりも苦しい仕打ちを与えようとされている」
0917ikusanideru.jpg
「今後戦に出る一切の機会を奪う」
0917hahaha.jpg
「二度と会うことはなかろう、はっはっは」


何より戦が好きで、信長が死んだころが最も楽しかった、とまで言う昌幸パパにとって、まさに生き地獄です。
ホント徳川家康やなヤツだわ。

0917yositugu.jpg
0917mitunari.jpg


関ヶ原の合戦を一切描かず、石田三成、大谷吉継の最期をまさか女性の口から語らせるとは、抜かりないな〜さすが三谷幸喜。
合戦後の女性陣の様子も、きっちり&さらっと描いてて、如才ないな〜さすが三谷幸喜。
「猿を見たことがない」で始まったうたさんを「あのお方は豊臣家のことしか考えておりませんでした」と三回言わせて退場させるなんて、容赦ないな〜さすが三谷幸喜。


0917hizamaukura.jpg
これまでとは逆の膝枕が切ない



昌幸パパとのお別れも近いようです。
皆様お覚悟めされい。

さよならを言える人はコチラを→

さよならを言えない人はコチラを→/

「闇金ウシジマくん」PART3の公開まで、あと3回寝るだけとなりました。

スポンサーサイト

theme : 真田丸
genre : テレビ・ラジオ

No title

>昌幸パパとのお別れも近いようです。

 やんだやんだ~(東北弁で嫌だ嫌だの意)
 逆の膝枕、切なかった・・・。
 来週かしら・・。

関ケ原の合戦を一切描かなかったのはびっくりした。
大阪夏の陣をでかく描くからかなあ。
それも一切描かないかしらって、そんなわけない?

Re: No title

コメントありがとうです、きたあかりさん。

>  やんだやんだ~(東北弁で嫌だ嫌だの意)
>  逆の膝枕、切なかった・・・。
>  来週かしら・・。

「さらば昌幸」ってCMやってますな。
予告の真っ白な頭のパパが本当に切なかったわ。

> 関ケ原の合戦を一切描かなかったのはびっくりした。

ホントほんと、裏切り者小早川のシーンなんてホラーでしたね。

> 大阪夏の陣をでかく描くからかなあ。
> それも一切描かないかしらって、そんなわけない?

大坂の陣描かないと真田丸にならないでしょ〜。
そこに重点的に予算をかけた(大人の事情)と見ました。笑

嫌らしい家康さん

遅くなりました。

お兄ちゃんを苛める家康さん、
パパさんを苛める家康さん、
ますます嫌らしさに磨きがかかってますが、
この嫌らしさが、大阪の戦へと導いてくれるのでしょうから
楽しみでもあります(笑)

今、「風林火山」も何気に観てるんだけど、
勘助とのギャップが楽しい(笑)

Re: 嫌らしい家康さん

コメントありがとうです、ひらで〜さん。

> この嫌らしさが、大阪の戦へと導いてくれるのでしょうから
> 楽しみでもあります(笑)

まぁ悪役あってのヒーロー、というところなんでしょうね。

> 今、「風林火山」も何気に観てるんだけど、
> 勘助とのギャップが楽しい(笑)

おお、まさに武田信玄の時代ですな。
Secret


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【真田丸】第37回 「信之」 感想

関ヶ原での西軍敗北により徳川に降伏した信繁(堺雅人)と昌幸(草刈正雄)。信幸(大泉洋)と忠勝(藤岡弘、)による、家康(内野聖陽)への必死の助命嘆願により、高野山への流罪と決まる。 しかし、その代わりに家康が信幸に命じたのは厳しい条件であった。 一方、大坂に立ち寄った信繁は、三成(山本耕史)と刑部(片岡愛之助)の最期について知ることになる。 そして高野山に向かった信繁たち一行を待ち構えて...

真田丸☆第37回 信之

降伏はせんぞ!金輪際、するものか!真田は徳川に勝ったのだ!!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

観たいと思っている作品

「神様メール」「王様のためのホログラム」「パッセンジャー」「ファウンダー」「亜人」「散歩する侵略者」「エルネスト」「デイアンドナイト」「ハード・コア」

手に入れたいソフト

「ドラマうぬぼれ刑事」 「インサイド・ルーウィン・デイビス名もなき男の歌」 「皆はこう呼んだ鋼鉄ジーグ」 「サブリナ」新旧2作

一生観ないと誓った作品

「スパイダーマン」「ゴジラを始めとした大きい物の出てくる作品」「ジョーズ」「ゼログラビティ」「エイリアン」「オープンウォーター」「ブラックスワン」「ポセイドン・アドベンチャー」「E・T」

最近観た作品

「楊家将〜烈士七兄弟の伝説〜」「イブの総て」「百万長者と結婚する方法」「スーザンを探して」「おしゃれ泥棒」「子連れ狼」「PAN」「バクダッドカフェ」「グッド・ウィル・ハンティング旅立ち」「トースト」「坂の上の雲」「SMOKE」「エアフォースワン」「シュガーラッシュ」「ワイルド7」「ライフ・イズ・ビューティフル」「予告犯」「グラスホッパー」「ひみず」「ヒメアノ〜ル」「パリ、テキサス」「パパは出張中」「キングオブエジプト」「SCOOP」「ママ、ごはんまだ?」「イーグル・ジャンプ」「ジュピター」「暗殺の森」

ヒゲハゲ満足度について

映画やドラマなどの映像作品において、ヒゲハゲ観察ポイントを★の数で表しました。ヒゲハゲが期待通りの場合の3★★★☆☆を標準とし、期待を上回ると4〜5、下回ると1〜2となります。本来ならヒゲハゲを期待できない作品(アニメを始めとした子ども向け作品、あるいは若者向け青春物語等)において、何かしら麗しいヒゲハゲが見られたなら★がつく場合もあります。

あなたの清き一票を!

プロフィール

ケフコタカハシ

Author:ケフコタカハシ
半世紀を越える人生のほとんどを西洋かぶれで過ごしてきた主婦。ここ2年ほど山田孝之演じる実写版ウシジマくん中毒。「闇金ウシジマくんthe final」13回観ました。バイバイウシジマなんて言いませんからね〜!

どーでもいい日常の記録
「チェックも縞のうち」


闘病記の
「女の終活日記」
もよろしく。

現在の主な観察対象:山田孝之、ジェイソン・ステイサム
初恋の禿:ユル・ブリンナー
初恋の髭:デニス・ウィーバー
初恋の髯禿:ショーン・コネリー
大きくなったらなりたい物:仙人
将来の夢:一人暮らし
今一番行ってみたい場所:グランドキャニオンとラスベガス、香港
将来の希望:山田孝之の美白ヒゲを拝むこと

カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示