映画「闇金ウシジマくん」PART3感想 リナのこと

今作には女性の債務者は出てきません。ですから白石麻衣演じるヒロイン麻生リナは、清く正しく美しい存在です。


sinji1.jpg
二人ともお人形さんのようにツヤツヤピカピカ笑
rina1.jpg



COWCOWの債務者、今回の主人公沢村シンジの恋人であるリナ、彼女の位置づけははっきりしています。
それは闇金とはおそらく一生関わることのない人間ということ。
リナは仲良し女友達3人の女子会の帰り道、怪しいセミナーで金を儲ける天生翔のパーティに誘われることでシンジと出会います。
最初のパーティでの3人の女の子の態度が、その後の彼女たちの生き様を上手く表していると思いました。
最初は気付かなかったのですが、この3人の中に加茂をカモにするキャバ嬢カレンがいるんですよねぇ。

そのカレン(カオリというのがリナの友人としての本名)は言います。
「お金ってやっばりパワーあるのかな?」
それに対するリナの言葉は
「私はお金に負けるのはイヤ」

そう「お金に負けたくない」この考えこそが、ウシジマくんと関わりを持たなくてすむ姿勢だと私は思うのです。
「お金に勝ちたい」こういう考えだと、逆にウシジマくんと関わることになるかもしれない。
カレンはおそらくお金に勝とうとしているのでしょう。
沢村シンジも勝とうとしていた、けれども敗れた。

お金には負けてはいけないけれど、勝っても(勝つことはまずできないから勝とうとしては)いけない、負けないようにするだけでいい。
「お金に負けるのはイヤ」この呪文を知っているリナは、ラストに全身真っ白のいでたちでシンジの前に再び現れます。
これはやはり天使をイメージしているのでしょうね。

何もかも失ったシンジの元を去るリナのシーンは、やたら騒がしいこの物語にあって、思わず息をひそめてしまうくらいの静けさでした。
本郷奏多と白石麻衣の二人とも台詞に頼ることなく、細かいしぐさと表情だけで演じきったのは、ただただ見事としか言えません。


静かな人はコチラを→

賑やかな人はコチラを→/


次こそは沢村シンジについて書くつもり、あくまでも予定ですけど。

スポンサーサイト

theme : 闇金ウシジマくん
genre : 映画

Secret

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

観たいと思っている作品

「パディントン」「神様メール」「ヒメアノール」「ひみず」「家族ごっこ」

手に入れたいソフト

「ドラマうぬぼれ刑事」 「エクスペンダブルズシリーズ」 「鴨川ホルモー」 「アドレナリン」

一生観ないと誓った作品

「ゴジラを始めとした大きい物の出てくる作品」「ジョーズ」「ゼログラビティ」「エイリアン」「オープンウォーター」「ブラックスワン」「ポセイドン・アドベンチャー」「E・T」

ヒゲハゲ満足度について

映画やドラマなどの映像作品において、ヒゲハゲ観察ポイントを★の数で表しました。ヒゲハゲが期待通りの場合の3★★★☆☆を標準とし、期待を上回ると4〜5、下回ると1〜2となります。本来ならヒゲハゲを期待できない作品(アニメを始めとした子ども向け作品、あるいは若者向け青春物語等)において、何かしら麗しいヒゲハゲが見られたなら★がつく場合もあります。

あなたの清き一票を!

プロフィール

ケフコタカハシ

Author:ケフコタカハシ
半世紀を越える人生のほとんどを西洋かぶれで過ごしてきた主婦。ここ2年ほど山田孝之演じる実写版ウシジマくん中毒。「闇金ウシジマくんthe final」13回観ました。バイバイウシジマなんて言いませんからね〜!

どーでもいい日常の記録
「チェックも縞のうち」


闘病記の
「女の終活日記」
もよろしく。

現在の主な観察対象:山田孝之、ジェイソン・ステイサム
初恋の禿:ユル・ブリンナー
初恋の髭:デニス・ウィーバー
初恋の髯禿:ショーン・コネリー
大きくなったらなりたい物:仙人
将来の夢:一人暮らし
今一番行ってみたい場所:グランドキャニオンとラスベガス、香港
将来の希望:山田孝之の美白ヒゲを拝むこと

カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示