映画「あなたを抱きしめる日まで」感想

コメディアンではないスティーブ・クーガンを観てみようと思いコレをレンタルしてみました。でも決してスティーブ・クーガン祭りじゃありませんからね。


あなたを抱きしめる日まで
映画「あなたを抱きしめる日まで
作品情報



原題はPhilomena(ジュディ・デンチ演じる主人公の名前)とシンプルです。
マーティン・シックススミスという人が記したノンフィクション「The Lost Child of Philomena Lee」という本が原作とのこと。
この映画のことはほんのチラッとだけ頭の片隅に興味がありました。
主演が007のM、まさにジェイムズ・ボンドの母のような女性を演じていたジュディ・デンチだったから。
彼女の007以外の作品も観てみたいなと思っていたんですよ。

ざっくりとしたあらすじは以下の通り。
若気の至りで未婚の母となってしまったイギリス人フィロミナ・リーは、カトリックの尼僧院で出産し子育てをしていた。
ところが彼女の息子アンソニーはアメリカに養子に出され、以降の消息が途絶えてしまう。
50年の月日が過ぎてもアンソニーのことが忘れられないフィロミナは、息子を捜し出そうとするが調べれば調べるほど謎が深まり・・・という物語。

スティーブ・クーガンはフィロミナの息子探しに協力するジャーナリストで原作本の著者シックススミスを演じています。
この作品は息子探しの物語よりも、フィロミナとシックススミスの二人の考え方の違いの描写がキモだろうと思いました。
その考え方の違いとはズバリ、神を信じるか信じないか。
フィロミナは信じていて、シックススミスは信じていません。

これは別にキリスト教徒かどうか、そういう問題ではないと思います。
神を信じる=自分以外の誰かを愛する、そういうことだと私は解釈しました。
「私は神など信じないっっ」と吐き捨てるように言う、スティーブ・クーガンのシリアスな演技も興味はひかれましたが、それ以上に私はこの作品の脚本制作にも彼が関わっていることに驚きました。
スティーブ・クーガンは、やはりタダのコメディアンではない、それを実感した作品です。
とても心にしみ入る作品なので、未見の方は是非ぜひ。

神を信じる人はコチラを→

神を信じない人はコチラを→/
スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

Secret

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

観たいと思っている作品

「神様メール」「ヒメアノ〜ル」「ひみず」「予告犯」「グラスホッパー」

手に入れたいソフト

「ドラマうぬぼれ刑事」 「インサイド・ルーウィン・デイビス名もなき男の歌」 「皆はこう呼んだ鋼鉄ジーグ」

一生観ないと誓った作品

「ゴジラを始めとした大きい物の出てくる作品」「ジョーズ」「ゼログラビティ」「エイリアン」「オープンウォーター」「ブラックスワン」「ポセイドン・アドベンチャー」「E・T」

ヒゲハゲ満足度について

映画やドラマなどの映像作品において、ヒゲハゲ観察ポイントを★の数で表しました。ヒゲハゲが期待通りの場合の3★★★☆☆を標準とし、期待を上回ると4〜5、下回ると1〜2となります。本来ならヒゲハゲを期待できない作品(アニメを始めとした子ども向け作品、あるいは若者向け青春物語等)において、何かしら麗しいヒゲハゲが見られたなら★がつく場合もあります。

あなたの清き一票を!

プロフィール

ケフコタカハシ

Author:ケフコタカハシ
半世紀を越える人生のほとんどを西洋かぶれで過ごしてきた主婦。ここ2年ほど山田孝之演じる実写版ウシジマくん中毒。「闇金ウシジマくんthe final」13回観ました。バイバイウシジマなんて言いませんからね〜!

どーでもいい日常の記録
「チェックも縞のうち」


闘病記の
「女の終活日記」
もよろしく。

現在の主な観察対象:山田孝之、ジェイソン・ステイサム
初恋の禿:ユル・ブリンナー
初恋の髭:デニス・ウィーバー
初恋の髯禿:ショーン・コネリー
大きくなったらなりたい物:仙人
将来の夢:一人暮らし
今一番行ってみたい場所:グランドキャニオンとラスベガス、香港
将来の希望:山田孝之の美白ヒゲを拝むこと

カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示