映画「マーニー」感想

いやがる女をねじ伏せてモノにしてしまう男、ショーン・コネリーにこれほど似つかわしい役はないと思います。


マーニー
映画「マーニー
作品情報



筋立てを始めとして演出やらの諸々がいくらか古くさいのは仕方ないとしましょう。
子どもの頃の辛い経験から、何やらトラウマがある美貌の女性を、ハンサムな会社社長が愛情を注ぐことで救う、というのがざっっっくりとした筋立てです。
ですがトラウマを抱えた美貌の女性マーニーの描写に、全然深みがないんですわ。
これは演技の問題なのか、演出の問題なのか、あるいは両方か。

ショーン・コネリーの社長は、単に変わった女が好きなエロおやじだと思えば納得なんですけど。笑
元々はマーニー役にグレース・ケリーをという希望がヒチコック監督にはあったそうです。
グレース・ケリーだったら、全く違った印象にはなりそうですが。
だからといって良い作品になったかどうかは別物。
一番ダメなのは、おそらく脚本でしょうか。
そりゃもう、どーしよーもないですな。


トラウマのある人はコチラを→

トラウマのない人はコチラを→/
スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

No title

お、ご覧になりましたか。
私はもうあの男への嫌悪感がいっぱいで、それ以外のことが頭に入ってきませんでした。確かに似合ってましたね(笑)
彼女が最後まで彼になびかなかったら、一体どうなっていたのか考えると怖いです。
グレース・ケリーは仕事断って正解でしたね。

Re: No title

コメントありがとうです、宵乃さん。

> 私はもうあの男への嫌悪感がいっぱいで、それ以外のことが頭に入ってきませんでした。確かに似合ってましたね(笑)
> 彼女が最後まで彼になびかなかったら、一体どうなっていたのか考えると怖いです。

それはそれでまた違ったサスペンスになりそうですな。

> グレース・ケリーは仕事断って正解でしたね。

てごめにされるグレース・ケリーを想像・・・できそうでできないわ。笑
Secret


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画「マーニー」感想

製作:アメリカ’64 原題:MARNIE 監督:アルフレッド・ヒッチコック 原作:ウィンストン・グレアム ジャンル:サスペンス【あらすじ】泥棒だと知りながらマーニーを雇ったマーク。案の定、彼女は会社の金を盗みだし、彼は警察に引き渡さないかわりに結婚を申し込んだ。彼女の行動には何か原因があると考えたマークは、何とかその原因を探ろうと話を聞くのだが…。もしも、マーニーが最後までマーク...

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

観たいと思っている作品

「神様メール」「ヒメアノ〜ル」「ひみず」「予告犯」「グラスホッパー」

手に入れたいソフト

「ドラマうぬぼれ刑事」 「インサイド・ルーウィン・デイビス名もなき男の歌」 「皆はこう呼んだ鋼鉄ジーグ」

一生観ないと誓った作品

「ゴジラを始めとした大きい物の出てくる作品」「ジョーズ」「ゼログラビティ」「エイリアン」「オープンウォーター」「ブラックスワン」「ポセイドン・アドベンチャー」「E・T」

ヒゲハゲ満足度について

映画やドラマなどの映像作品において、ヒゲハゲ観察ポイントを★の数で表しました。ヒゲハゲが期待通りの場合の3★★★☆☆を標準とし、期待を上回ると4〜5、下回ると1〜2となります。本来ならヒゲハゲを期待できない作品(アニメを始めとした子ども向け作品、あるいは若者向け青春物語等)において、何かしら麗しいヒゲハゲが見られたなら★がつく場合もあります。

あなたの清き一票を!

プロフィール

ケフコタカハシ

Author:ケフコタカハシ
半世紀を越える人生のほとんどを西洋かぶれで過ごしてきた主婦。ここ2年ほど山田孝之演じる実写版ウシジマくん中毒。「闇金ウシジマくんthe final」13回観ました。バイバイウシジマなんて言いませんからね〜!

どーでもいい日常の記録
「チェックも縞のうち」


闘病記の
「女の終活日記」
もよろしく。

現在の主な観察対象:山田孝之、ジェイソン・ステイサム
初恋の禿:ユル・ブリンナー
初恋の髭:デニス・ウィーバー
初恋の髯禿:ショーン・コネリー
大きくなったらなりたい物:仙人
将来の夢:一人暮らし
今一番行ってみたい場所:グランドキャニオンとラスベガス、香港
将来の希望:山田孝之の美白ヒゲを拝むこと

カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示