fc2ブログ

02月 « 2024年03月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 04月

WHO ARE YOU

2016年 10月21日 00:26 (金)

映画「何者」観てきました。Y氏のファンならチェックすべきだろうと思っただけで、中身に特別期待はしていませんでした。


何者
(C)2016映画「何者」製作委員会 (C)2012 朝井リョウ/新潮社
映画「何者
作品情報




青春物ですから筋立てとしては、特に目新しい物はありません。
Twitterやら何やらのツールを使って今風に仕立てててはありますが、簡単に言うと若者のいわゆる自分探しの物語です。
ま、タイトルからしてそれは明らかですけどね。

相変わらず見事に気配を消したY氏が素晴らしい。
ウシジマくんと勇者ヨシヒコを足して2で割るとサワ先輩になっちゃうのか?な〜んて思ったりするくらい。
主人公タクトとその他4人の個性を邪魔することのない無色透明で、なおかつ存在感のあるキャラ。
「おまえこそもっと想像力あると思ったよ」この重要な台詞の、言葉そのものだけを印象づけることのできる、無味無臭のキャラ。
ウシジマくんがこの台詞を口にしたら、主人公なんて霞んでしまう、いやきっと吹っ飛んでしまうはず。
ヨシヒコが口にしたら・・・笑うしかないでしょ。

それにしても83年生まれのY氏から94年生まれの二階堂ふみまで、年齢がほとんど変わらない(学年が1年違うだけ)という設定だったとは。
若い(幼い?)よなぁY氏は、それが良いことか悪いことかわかりませんが。
老け専の私としては、もっと年齢が上の役を演じて欲しいんですけどね。


物語がいくらかサスペンスタッチだったのは意外でした。
けれどもサスペンスには重要な、時間軸が分かりにくいのは致命的じゃないかと感じたんですが。
それもどうやら狙って敢えてのことだったようです。
以下かなりネタをばらしての感想になるので、未見の方はご注意あれ。


とりあえずインターミッションにウシジマくん画像をどうぞ
usihammer09.png
ハマーに乗る社長、佐藤健に負けない大きさにしてみました笑
いよいよ明日ザ・ファイナル公開です
あー、いや明日というより、ほとんど今日みたいなもんですけどね




現在の就職活動が、どういうタイムスケジュールで進行するのか、あまり把握できていなかったのですが、物語が4月から始まっていたのは確認しました。
佐藤健演じる主人公タクトと、その同級生の4人が就職活動に奮闘し、いかにして内定を勝ち取っていくかが描かれます。
4人のうち女子二人は留学経験者、一人はバンド活動に明け暮れたため留年していて、残る一人は1年休学して人生経験を積み人脈を広げたとのこと。

この4人は皆タクトのことを先輩センパイと呼びます。
同級生なのに何故タクトは先輩なのか?
それは就職活動の先輩、つまりタクトは就職浪人だったのです。
何かしらの理由があって、5年目の大学生をしている4人と違って、タクトには何もありません。

もしないで就職浪人として1年を無為に過ごした、それがタクトなのです。
いや、何もしなかったワケではない、自分以外の誰かをSNSでこき下ろすことはしていました。
そんなことに無駄な時間を費やすなら、資格の一つも取る勉強でもすりゃいーじゃん!
1年間の学費がどんだけかかると思ってんのよ!
以上、就活なんてどーでもいい世代のミモフタモナイ感想でした。


就活中の人はコチラを→

終活中の人はコチラを→/


スポンサーサイト



テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

トラックバック

何者・・・・・評価額1750円

2016年10月26日 22:05

人はどうしたら「何者」かになれるのか。 「桐島、部活やめるってよ」の衝撃再び。 原作は、就職活動の苦闘の中で自分が「何者」なのかを模索する5人の大学生を通し、等身大の若者たちのリアルを描く浅井リョウの直木賞受賞作。 ここにあるのは友情、恋愛、そして裏切り。 本来ならば絶対に明かしたくないホンネが、SNSによって浮かび上がり、登場人物たちの秘めたる葛藤が交錯する。 三浦大輔監督は...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

2016年10月21日 18:04

なるほどね。ケフコタカハシさんの説明でやっと「一年就職留年してた」がわかりました。そうね、無為に過ごしてツイッターで悪口三昧なら、何かすべきだね。でもタクトくん、ラストで変わったんじゃないかな。
就職できたかな~( ・∀・)

!!

2016年10月21日 21:21

画像びっくりしたじゃないですか(笑)!!あ~イイ男だ!!

キョーコさん、私これ観てないのですが(レンタル待ちます)、今日本屋で原作本を買うか非常に迷って取り合えずやめちゃったんです。
映画バージョンのカバーが俳優さんごとに種類あって。キョーコさん買われましたか?
私はあのカバーだけ欲しいです。

Re: No title

2016年10月23日 22:17

コメントありがとうです、きたあかりさん。

> でもタクトくん、ラストで変わったんじゃないかな。
> 就職できたかな~( ・∀・)

気付いたことで、何かが変わって良い方に向かうと思います。
コータローがタクシーの中で言った「なんでタクトに内定が出ないのか不思議」って台詞、実はすごーくイヤミだったの?とか思っちゃいましたわ。

Re: !!

2016年10月23日 22:22

コメントありがとうです、ふゆこさん。

> 画像びっくりしたじゃないですか(笑)!!あ~イイ男だ!!

作中の佐藤健のビジュアルがあまりにフツーでびっくりしました。
そのへんにいるちょっとイケメンな大学生、そういう良くも悪くもパッとしない風貌で。

> 映画バージョンのカバーが俳優さんごとに種類あって。キョーコさん買われましたか?
> 私はあのカバーだけ欲しいです。

んーんんん私は、この作品はどーでもいいです。笑
ウシジマくんの原作マンガにも、手を出さない主義だし。

こんばんは

2016年10月26日 22:33

主人公が自分の心の闇を暴かれるまでの心理ホラーでした。
それまで感情移入していた分、こっちの心までイタいイタい。
誰もが抱く自分は「何者」かという疑問を、就活という日本独自のシステムで描き出したのが秀逸でした。

Re: こんばんは

2016年10月27日 21:50

コメントありがとうです、ノラネコさん。

> 主人公が自分の心の闇を暴かれるまでの心理ホラーでした。
> それまで感情移入していた分、こっちの心までイタいイタい。

裏アカを暴く理香の姿はまさにホラーでしたね。
このための二階堂ふみの起用だったのか〜、と納得した瞬間でした。