日本映画「アヒルと鴨のコインロッカー」2007年 観た

前々から気になっていた作品です。ヒゲもハゲも出てこなかったけど、実際に18歳だった濱田岳の頑張りと、松田龍平と瑛太のそっくりなプロポーションに☆を進呈したいと思います。満足度は5点満点の4★★★★


arhirutokamo.jpg

大学入学のため仙台に引っ越してきた椎名(濱田岳)は
奇妙な隣人の河崎(瑛太)に出会う
初対面だというのに河崎は同じアパートに住む
孤独なブータン人留学生に広辞苑を贈るため
本屋を襲おうと奇妙な計画を持ちかける
そんな話に乗る気などなかった椎名だが
翌日モデルガンを片手に書店の裏口に立っていた・・・。
あらすじはYahoo!映画より引用




いつもお世話になっているふゆこさんのブログ「子供が寝たあと至福の一杯(リンクはこちら)」でオススメされていたので、観てみました。
ふゆこさんは「泣けこそしませんが」と書かれてますけど、私は泣いてしまったんですよ。
自分でも何で泣けたのか良くわからないんですけどね。
椎名(濱田岳)が目をウルウルされている姿を見て「え?なんであんたがそこで泣くの?」と思った次の瞬間ブワ〜っと涙が出てきたんですわ。
すかさず「え?なんで私がここで泣くの?」と思いましたよ。笑
過去に同じように泣かされた作品があったんですけど、何だったんだろ、思い出せないや、まいっか。
この椎名が泣くシーンの後は、ブータン人の謎解きという普通のミステリーなので特に言及しません。

一番私が興味をひかれたのは、耳で覚える外国語というテーマ。
件のブータン人は、日本語を流暢にしゃべりはしますが、文字は読めないんです。
日本人は識字率がほぼ100%に近いので、何でもかんでも書いて覚えようとするから、ピンとこないかもしれませんけど、外国の人からすれば聞いて覚えるほうが早い場合もあるんですよね。
とはいえ聞いて覚えた場合のリスクが大きいのも確か。
椎名が大学から帰る時のバス停で、インド人らしき女性が何かしら早口でまくしたててましたけど、あれどうやら日本語らしいんですわ。

「すみません」と「いいましたけん」というのだけはかろうじて聞き取れたんですけど、他は全くチンプンカンプン。
いったいどんな人から教わった日本語なんだろう。
私の全く聞き取れない音だから、てっきり北日本の方言かと思ったんですけど、それにしては早口過ぎるような。
大坂のおばちゃんも真っ青なくらいのまくしたて方でしたもんねぇ。

それに「いいましたけん」なんて言い回しは西日本だろうから、案外鹿児島あたりの言葉なのかも。
あちらの言葉は単語からして違うから、音が聞き取れても意味がわかんないんですわ。
どなたか聞き取れる方いませんか〜?
けどペットショップの店長麗子さんは、彼女の言いたいことを理解していた様子なのが驚きです。
「もっとゆっくり」と言ってた麗子さん、何者なの?実は九州人とか?

私が椎名にもらい泣きをしてしまった理由は、生まれ故郷から遠く離れて暮らす、ひとりぼっちの不安な気持ちが椎名とブータン人とにリンクしたからだと推測されます。
「そこって遠い国なんだろね」とブータン人ドルジの気持ちを、ようやく思いやれるようになった椎名が、大人になる一歩を踏み出したように感じたから。
この主人公椎名を演じる濱田岳も、当時おそらく設定と同じ18歳くらいのはず。
この後10年のこれまでの彼の活躍を思うと、その見事な演技力にも納得です。

これ以外にも様々なテーマがちりばめられていて、語り始めると終らないくらい中身の濃い作品。
新年度の季節感にもピッタリ合っているので、未見の方には是非せびオススメです。


と、ここでついでに同じくふゆこさんから非オススメされていた(笑)もう一つの映画「家族ごっこ」のことにちょっと触れておきたいと思います。
面倒なので作品内容はこちらの「家族ごっこ公式サイト」をご覧ください。
5つのエピソードからなるオムニバス作品なんですけど、何がダメって筋書き以外の全てがダメですわ。
脚本は悪くないのに、他がダメだとこんなにダメになってしまうのかという良い(悪い?)見本です。

一番良くないのはゾロゾロ登場するキャラの描き分けが全くできていないこと。
誰が誰だかわからないから、物語もさっぱり理解できないんですよ。
それが顕著なのは「父の愛人たち」の物語。
愛人が6人出てくるんですけど、皆同じ人間が演じているんじゃないかと思うくらい、似たり寄ったりの女性ばっかりなんですわ。
あれならむしろ山田孝之が一人6役やった方がマシなくらい。
あー、でもギャラがきっと6倍以上に跳ね上がるだろうなぁ。笑
とダメ出し感想を綴っていると気が滅入ってくるので、ここで美しい彼の人でお口直ししたいと思います。


joukyaku7.jpg
♡嗚呼!今日もウシジマくんは美しい♡




だらだらと長文失礼しました。
せっかくですので、ここまで読んでいただいたならコチラをイチポチしてお帰りください。
イチポチ→/
全くの余談ですが、明日もウシジマくんを称える日です。

スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

No title

濱田岳さんがよかったですよね。個人的に復讐物は好きではないし、ヒロイン?が好きになれなかったのであまり好きな作品ではありませんが、彼がいたので多少救われました。
もう忘れかけていて、もらい泣きのシーンも思い出せないけど、ディランの曲が印象的な作品でしたね。

愛しのキョーコさま

私のとこへの導きリンクまでありがとうございます!
観られたのですね。嬉しいです♡

キョーコさんが紹介してくださると面白さが伝わりますね。たくさんの人が観てくれるといーなー!

それにしてもバス停の外人さんシーン、あれ日本語なんですか?!

私は、大切な人たちをなくして部屋にポツンといるブータン人さんが表から聞こえてきた鼻歌に、外へ出てって声かけるシーンが好きです。あー、この声かけはこんな状態からきてたんだな、ってグッときます。

ついでに家族ごっこが。笑
私は監督のせいだ!と安易に思ってしまいます。
ほんっとしょーもない映画作りましたよね。時間返せ!!

山田孝之が6役って・・笑笑







Re: No title

コメントありがとうです、宵乃さん。

> 濱田岳さんがよかったですよね。個人的に復讐物は好きではないし、ヒロイン?が好きになれなかったのであまり好きな作品ではありませんが、彼がいたので多少救われました。

本当に濱田岳は素晴らしかったです。
あっっ、今彼の金太郎のCMが〜!
10年経ってもあんまり変わってるように見えないわ。笑

> もう忘れかけていて、もらい泣きのシーンも思い出せないけど、ディランの曲が印象的な作品でしたね。

そういえばディランてノーベル賞とった人でしたっけ?さすが神ですな。

Re: 愛しのキョーコさま←ひゃ〜ハズカシ

コメントありがとうです、ふゆこさん。

> たくさんの人が観てくれるといーなー!

心に響く物がきっと何か一つはある、そんな作品ですよね。

> それにしてもバス停の外人さんシーン、あれ日本語なんですか?!

だと思いますよ、たぶん。
とはいえ、色々ネット検索かけてみたけど、何も手がかりは得られませんでした。
あくまでも私の自説に過ぎませんので。

> 私は、大切な人たちをなくして部屋にポツンといるブータン人さんが表から聞こえてきた鼻歌に、外へ出てって声かけるシーンが好きです。あー、この声かけはこんな状態からきてたんだな、ってグッときます。

あの部屋の中の閑散とした感じが、すごーく寂しさを増幅させますよね。

> ついでに家族ごっこが。笑
> 私は監督のせいだ!と安易に思ってしまいます。
> ほんっとしょーもない映画作りましたよね。時間返せ!!

ええもちろん監督のせいですよ。
ちゃんとした演出家でもつければ良かったのに、と思いました。

> 山田孝之が6役って・・笑笑

制作がY氏の事務所のスターダストなので、彼にプロデューサーさせるというのもアリかと。笑
Secret


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画「アヒルと鴨のコインロッカー」感想

製作:日本’06 監督:中村義洋 原作:伊坂幸太郎 ジャンル:青春ドラマ/ミステリー【あらすじ】大学のため仙台に越してきた椎名は、ボブ・ディランの歌をきっかけに隣人・河崎と知り合う。唐突に”隣りの隣り”に住むブータン人・ドルジのため、本屋から広辞苑を盗もうと持ちかけられた椎名は、いつの間にか彼のペースに乗せられ…。<ネタバレ・毒舌注意!> かなり評判がいいので楽しみにしていました...

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

観たいと思っている作品

「日の名残り」「マイ・インターン」「パッセンジャー」「ファウンダー」「ベイビー・ドライバー」「ゴッホ」「バリー・シール」「ローガン・ラッキー」「ゴールデン・サークル」「デイアンドナイト」「ハード・コア」「トゥーム・レイダー」

手に入れたいソフト

「ドラマうぬぼれ刑事」 「インサイド・ルーウィン・デイビス名もなき男の歌」 「皆はこう呼んだ鋼鉄ジーグ」 「サブリナ」新旧2作

一生観ないと誓った作品

「スパイダーマン」「ゴジラを始めとした大きい物の出てくる作品」「ジョーズ」「ゼログラビティ」「エイリアン」「オープンウォーター」「ブラックスワン」「ポセイドン・アドベンチャー」「E・T」「レッド・ドラゴン」「ハンニバル・ライジング」「猿の惑星シリーズ」

最近観た作品

「楊家将〜烈士七兄弟の伝説〜」「イブの総て」「百万長者と結婚する方法」「スーザンを探して」「おしゃれ泥棒」「子連れ狼」「PAN」「バクダッドカフェ」「グッド・ウィル・ハンティング旅立ち」「トースト」「坂の上の雲」「SMOKE」「エアフォースワン」「シュガーラッシュ」「ワイルド7」「ライフ・イズ・ビューティフル」「予告犯」「グラスホッパー」「ひみず」「ヒメアノ〜ル」「パリ、テキサス」「パパは出張中」「キングオブエジプト」「SCOOP」「ママ、ごはんまだ?」「イーグル・ジャンプ」「ジュピター」「暗殺の森」「神様メール」「王様のためのホログラム」「トランボ」「ダンス・レボリューション」「海賊と呼ばれた男」「無伴奏」「アスファルトジャングル」「ちはやふる」「ライジング・サン」「ライトスタッフ」「ムーラン・ルージュ」「小説家を見つけたら」「新幹線大爆破」「単騎、千里を走る」「鮫肌男と桃尻女」「でらしね」「タクシードライバー」「ファミリービジネス」「マイ・ブルーベリー・ナイツ」「人生、ここにあり!」「俺たちは天使じゃない」「昼顔(仏)」「プリティウーマン」「アントキノイノチ」「リオ・ブラボー」「エルネスト」

ヒゲハゲ満足度について

映画やドラマなどの映像作品において、ヒゲハゲ観察ポイントを★の数で表しました。ヒゲハゲが期待通りの場合の3★★★☆☆を標準とし、期待を上回ると4〜5、下回ると1〜2となります。本来ならヒゲハゲを期待できない作品(アニメを始めとした子ども向け作品、あるいは若者向け青春物語等)において、何かしら麗しいヒゲハゲが見られたなら★がつく場合もあります。

あなたの清き一票を!

プロフィール

ケフコタカハシ

Author:ケフコタカハシ
半世紀を越える人生のほとんどを西洋かぶれで過ごしてきた主婦。ここ2年ほど山田孝之演じる実写版ウシジマくん中毒。「闇金ウシジマくんthe final」13回観ました。バイバイウシジマなんて言いませんからね〜!

どーでもいい日常の記録
「チェックも縞のうち」


闘病記の
「女の終活日記」
もよろしく。

現在の主な観察対象:山田孝之、ジェイソン・ステイサム
初恋の禿:ユル・ブリンナー
初恋の髭:デニス・ウィーバー
初恋の髯禿:ショーン・コネリー
大きくなったらなりたい物:仙人
将来の夢:一人暮らし
今一番行ってみたい場所:グランドキャニオンとラスベガス、香港
将来の希望:山田孝之の美白ヒゲを拝むこと

カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示