花見をかねてロケ地巡り

『いつか行きたい』じゃいつまでも行けない行くなら今でしょ!というワケで急に思い立って行ってきました。


sakitamakofun.jpg
<まず目指したのはココ埼玉県行田市さきたま古墳公園>



nobounosiro2017.jpg
<映画「のぼうの城」の舞台となった場所です>



千葉とは全く異なる景色がなかなか面白かったです。
アップダウンのほとんどない真直ぐな道が延々続く様が新鮮でした。
川でなくと〜っても立派な用水路も圧巻、水が満々としていたのには驚きました。
あれはひょっとして雪解け水なんでしょうか?
ということは高い山が近いってことですな。
千葉には山がない、あるのは丘ばかりと思ってたけど、山がないってことは川もないんだよねえ。
川がないワケじゃない、あるのは小川ばかりってことです。

maruyamazenkei.png
<忍城攻めの際に石田三成が陣を置いたと言われる丸墓山古墳>



kaidan100.jpg
<上までの階段がかなり急です>



階段の途中でモデル気取りの妙なポーズをとってるい人がいるのは気にしないでください。笑
たかだか100段ほどの階段だったんですけど、ちょっと危険なくらいの傾斜で、上り下りとも手すり代わりのロープにしがみつくようにして歩きました。
そのせいか翌日早くも筋肉痛が・・・、情けないな〜。

maruyamateppen.jpg
<天辺からの眺めは絶景しっかり忍城まで見渡せます>



360度遠くまで見渡せるパノラマ景色は本当に素晴らしかった。
けど風が強くて困りました。
気温は暑くもなく寒くもなくて良かったんですけどねぇ。
映画「のぼうの城」を観た時から、一度訪れてみたい行くなら桜の季節!と思っていたので、希望が叶えられて良かった。
桜の名所と言われるだけあって、駐車場には観光バスも数台止まっていました。
土日にはもっと混雑するのかも、お天気が微妙ですけど。

こうしてキチンと「桜の花を愛でるために出かける」というのは久しぶりのような気がします。
数年前に日帰り花見バスツアーに行ったら、全然桜が咲いてなかったんですわ。
ここはロケ地というワケではありませんけど、この後は本格ロケ地巡りをしました。
あ〜巡ったというとちょっと語弊があるかな、行ったのは1ポイントだけだから。

「のぼうの城」 感想その1

「のぼうの城」 感想その2

「のぼうの城」 感想その3

「のぼうの城」 感想その4

「のぼうの城」 感想その5

「のぼうの城」 感想その6

「のぼうの城」 感想その7




ロケ地に興味のある人もない人もコチラをひとつポチッとな〜!→/
スポンサーサイト

theme : 邦画
genre : 映画

Secret

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

観たいと思っている作品

「パディントン」「神様メール」「ヒメアノール」「ひみず」「家族ごっこ」

手に入れたいソフト

「ドラマうぬぼれ刑事」 「エクスペンダブルズシリーズ」 「鴨川ホルモー」 「アドレナリン」

一生観ないと誓った作品

「ゴジラを始めとした大きい物の出てくる作品」「ジョーズ」「ゼログラビティ」「エイリアン」「オープンウォーター」「ブラックスワン」「ポセイドン・アドベンチャー」「E・T」

ヒゲハゲ満足度について

映画やドラマなどの映像作品において、ヒゲハゲ観察ポイントを★の数で表しました。ヒゲハゲが期待通りの場合の3★★★☆☆を標準とし、期待を上回ると4〜5、下回ると1〜2となります。本来ならヒゲハゲを期待できない作品(アニメを始めとした子ども向け作品、あるいは若者向け青春物語等)において、何かしら麗しいヒゲハゲが見られたなら★がつく場合もあります。

あなたの清き一票を!

プロフィール

ケフコタカハシ

Author:ケフコタカハシ
半世紀を越える人生のほとんどを西洋かぶれで過ごしてきた主婦。ここ2年ほど山田孝之演じる実写版ウシジマくん中毒。「闇金ウシジマくんthe final」13回観ました。バイバイウシジマなんて言いませんからね〜!

どーでもいい日常の記録
「チェックも縞のうち」


闘病記の
「女の終活日記」
もよろしく。

現在の主な観察対象:山田孝之、ジェイソン・ステイサム
初恋の禿:ユル・ブリンナー
初恋の髭:デニス・ウィーバー
初恋の髯禿:ショーン・コネリー
大きくなったらなりたい物:仙人
将来の夢:一人暮らし
今一番行ってみたい場所:グランドキャニオンとラスベガス、香港
将来の希望:山田孝之の美白ヒゲを拝むこと

カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示