「ロビンとマリアン」コネリー&ヘプバーン夢の共演 1976

ロビンとマリアン
映画「ロビンとマリアン
作品情報



ショーン・コネリーとオードリー・ヘプバーンによるラブストーリーというこの作品、ずいぶん前から気になっていました。今月初めに楽天レンタルが諸々新しくなり、品揃えも増えたとのことなので、ひょっとしてと思い検索かけてみたらビンゴ!追加されていたのです。

ロビン・フッド(コネリー)が妻マリアン(ヘプバーン)をシャーウッドに置いて、獅子心王リチャードに付き従い十字軍遠征に行き、20年振りに帰還してから後の二人の関係が軸となります。コネリーの本気の恋物語って、ひょっとして極めて珍しいのかしら?エントラップメントもメインはアクション&サスペンスだしなぁ。

エンターテイメント性を求める若い人たちには、おそらく退屈な作品でしょう。でもある程度の年齢以上の方には、きっと何かを感じるはず。設定年齢、実年齢ともに40半ばの二人の穏やかな情愛に、まさに胸キュンです。コネリーよりもヘプバーンの方が一つ年上になりますが、彼女の方がずっと若く見えて美しいです。

終始マリアンに対して、いくらか強引な態度をとるロビンが英雄らしくて良いです。「愛しているなら、そう言え」との語気強い台詞にドキドキしました。またロビンの従者リトルジョンに対してマリアンが言った「あなたはロビンを独り占めしていた」という言葉は、意外な結末を暗示していて、なかなか切ない。
スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

Secret

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

観たいと思っている作品

「神様メール」「ヒメアノ〜ル」「ひみず」「予告犯」「グラスホッパー」

手に入れたいソフト

「ドラマうぬぼれ刑事」 「インサイド・ルーウィン・デイビス名もなき男の歌」 「皆はこう呼んだ鋼鉄ジーグ」

一生観ないと誓った作品

「ゴジラを始めとした大きい物の出てくる作品」「ジョーズ」「ゼログラビティ」「エイリアン」「オープンウォーター」「ブラックスワン」「ポセイドン・アドベンチャー」「E・T」

ヒゲハゲ満足度について

映画やドラマなどの映像作品において、ヒゲハゲ観察ポイントを★の数で表しました。ヒゲハゲが期待通りの場合の3★★★☆☆を標準とし、期待を上回ると4〜5、下回ると1〜2となります。本来ならヒゲハゲを期待できない作品(アニメを始めとした子ども向け作品、あるいは若者向け青春物語等)において、何かしら麗しいヒゲハゲが見られたなら★がつく場合もあります。

あなたの清き一票を!

プロフィール

ケフコタカハシ

Author:ケフコタカハシ
半世紀を越える人生のほとんどを西洋かぶれで過ごしてきた主婦。ここ2年ほど山田孝之演じる実写版ウシジマくん中毒。「闇金ウシジマくんthe final」13回観ました。バイバイウシジマなんて言いませんからね〜!

どーでもいい日常の記録
「チェックも縞のうち」


闘病記の
「女の終活日記」
もよろしく。

現在の主な観察対象:山田孝之、ジェイソン・ステイサム
初恋の禿:ユル・ブリンナー
初恋の髭:デニス・ウィーバー
初恋の髯禿:ショーン・コネリー
大きくなったらなりたい物:仙人
将来の夢:一人暮らし
今一番行ってみたい場所:グランドキャニオンとラスベガス、香港
将来の希望:山田孝之の美白ヒゲを拝むこと

カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示