FC2ブログ

「シュレック」シリーズ4作まとめて観ました

順に2001年、2004年、2007年、2010年の作品。1作目と2作目は観ていました。でも初見がどこでだったのか良く覚えていません。飛行機の中で観たような覚えがあるのは1作目だったかも。


シュレック2
映画「シュレック2
作品情報



宵乃さん主催ブログDEロードショーへの参加7作品目です。
宵乃さんのブログ『忘却エンドロール』はコチラ

一番面白かったのは2作目でした。
興行収入に関してもこの「シュレック2」はかなり良かったらしい。
過去の映画作品のパロディのオンパレードといった趣で、使われている音楽も馴染みの物ばかりでした。
一番驚いたのは、ミッション・インポシブルのパロディシーンにきちんと導火線のテーマ曲が使われていたこと。
2006年のミッション・インポシブル3の映画から、このテーマが使われているので、これに関してはこのシュレックの方が先だったということになるのでしょうか。

アントニオ・バンデラスが声優を務めている、長ぐつをはいた猫が主人公のスピンオフ作品もあるとのこと。
こっちも観てみなきゃね。

プスファンの人はコチラを→

ドンキーファンの人はコチラを→/

両方ポチッとすると何かいいことあるかも〜!

theme : 映画感想
genre : 映画

イップ・マン葉問シリーズ四作まとめて感想

ブルース・リーの師匠であるイップ・マン葉問という人物を主人公にした、カンフー作品4つまとめての感想です。このうち二作、AとCに本命ダーリンが出演してます。


Aでイップ・マンにこっそり手合わせを願い出るリウ師匠の陳之輝ダーリン
liusisho.jpg

さもシリーズみたいに並べてありますが、ABの監督はウィルソン・イップ(イップ・マンの実の孫)、CDの監督はハーマン・ヤオで何ら関係のない作品です。
AとCは非情に抗日感が強く、我々日本人が観る時にはいくらか覚悟が必要かと思います。
来年あたりにドニー・イェン主演の三作目が公開されるとの情報もあります。

普通にシリーズ4作として観ても、不思議なことにあまり違和感はありません。
特にCの青年時代のイップ・マンのデニス・トーがドニー・イェンに似ているので、むしろそこを狙って主人公に起用されたんじゃ、とすら感じたくらい。

陳之輝ダーリンは二作ですが、実はCで主人公の義兄役だったルイス・ファンはAとBにも出ています。
ルイス・ファンもダーリンに次ぐ悲運のNo.2男かも。
ドニー・イェンの最新作「カンフー・ジャングル」では惨殺されるアクションスター役でしたからねぇ。

ABはドニー・イェン主演作なので、彼のアクションが何よりの見所です。
ドニー・イェンのナルシストっぷりが、これでもかと言うくらい堪能できます。
Cはイップ・マン(デニス・トー)と義兄(ルイス・ファン)の技量が互角で、この二人の対決が素晴らしい。
特にラストは日本刀での立ち回りだったので、私的には本当に嬉しかったです。
やっぱり刀って美しいわ〜。
Dは老境に差し掛かったイップ・マンのいぶし銀のようなアクションが、本当に味わい深いです。

全作通じて師匠と呼ばれる人たちが、皆人徳のある好漢ばかりなのが印象的でした。
そうでなければ師匠とは呼べませんよね。
それとチャイナ・ドレスの女性のなまめかしさも。
基本昔のチャイナ・ドレスってオーダーメイドなんでしょうね。
女性の体のS字ラインが見事に露わになってます。既製品だとそうはいかないでしょ。

イップ・マン 序章
(C)2008 Mandarin Films Distribution Co. Ltd. All Rights Reserved
映画「イップ・マン 序章
作品情報


A「イップ・マン序章」2008年制作 イップ・マン役はドニー・イェン
登場人物活躍度  イップ・マン80% ダーリン10% 敵の日本人10%
アクションエンタメ度 90% 主人公が強過ぎるから10%マイナス
ドラマチック度 80% 筋立ては単純に勧善懲悪のヒーロー物です
ハッピーエン度 90% ラストがまるで都落ちです
ダーリンの悲運のNo.2っぷり 100% 涙無くしては観られません


イップ・マン 葉問
(C)2010 Mandarin Films Limited. All Rights Reserved
映画「イップ・マン 葉問
作品情報


B「イップ・マン」2010年制作 イップ・マン役はドニー・イェン
登場人物活躍度 イップ・マン80% イップ・マンの弟子と他の師匠たち10% 敵のアメリカ人10%
アクションエンタメ度 100% サモ・ハンをはじめとした師匠たちが素晴らしいです
ドラマチック度 70% 筋立てが前作Aとほぼ変わりません
ハッピーエン度 100% 全てが丸く収まりメデタシめでたし


イップ・マン 誕生
(C)2010 National Arts Film Production Limited. All Rights Reserved.
映画「イップ・マン 誕生
作品情報


C「イップ・マン誕生」2010年制作 イップ・マン役はデニス・トー
登場人物活躍度 イップ・マン60% 主人公の義兄30% 敵の日本人10%
アクションエンタメ度 100% 主人公がまだ詠春拳の門下生でそれほど無敵でもなく、その他の人物との技量の差がないので、それだけハラハラ感満載。何よりデニス・トーが若くてピチピチしてるのが良いです。
ドラマチック度 100% 殺人事件が起こりミステリータッチであり、若者の青春恋模様もあり、色々な要素があって見ていて飽きません。
ハッピーエン度 70% 主人公の義兄が可哀想すぎます。
ダーリンの悲運のNo.2っぷり 0% まさかの善人面のみの役どころ、アクションシーンは全くなく、牙を抜かれた虎みたいで残念


イップ・マン 最終章
(C)2013 National Arts Films Production Limited. Emperor Film Production Company Limited. All Rights Reserved.
映画「イップ・マン 最終章
作品情報


D「イップ・マン最終章」2012年制作 イップ・マン役はアンソニー・ウォン
登場人物活躍度 イップ・マン70% 弟子達25% 敵5%
アクションエンタメ度 100% 地味ながら女性もかなりアクションシーンに加わってます
ドラマチック度 100% ただ暴力的でなく社会的なことも描かれていて心に残ります
ハッピーエン度 90% 若い者が先に逝ってしまうので10%マイナス
ハゲヒゲ&フケセン度 100% 白髪で丸刈りのアンソニー・ウォンがとっても素敵、でも撮影当時彼はまだ50歳くらいのようです。通りで見事なキレのあるアクション見せてくれるはずですわ。

品の良い穏やかな白髪ナイスミドルのイップ・マンに、アンソニー・ウォンの見目がぴったりです。
こういう雰囲気はドニー・イェンでは出せないだろうなと思います。
若い女性シンガーとのほのかな恋物語なども、とても心に染みました。


長文最後までおつきあいありがとうございます。
せっかくですので↓ポチッとお願いします。


theme : 映画感想
genre : 映画

白雪姫三作品見比べ

ネットレンタルだと過去にレンタルした物が履歴として残っているのが有り難い。ずいぶん前に以下の三つをレンタルしました。これらが見比べ観賞の一番最初だったかと思います。


白雪姫と鏡の女王
映画「白雪姫と鏡の女王
作品情報


「白雪姫と鏡の女王」
邦画タイトルのように主人公は白雪姫と、その継母の魔女です。
結末は当然のように白雪姫の勝ちですが、存在感としては鏡の女王ジュリア・ロバーツの貫禄勝ちってところでしょうか。



スノーホワイト
(C)2011 Universal Studios. All Rights Reserved.
映画「スノーホワイト
作品情報


「スノーホワイト」
この作品はどんなのだったか、全然覚えてません。



残る一つは「アドベンチャー・オブ・スノーホワイト」作品情報ほとんどナシで申し訳ない。
日本未公開のオリジナルビデオ映画で、これが三作品のうち一番面白かったような気がします。


全く中身のない記事を豊かにしてくれるのはやっぱりコレでしょ。
snowwhite.jpg
南国生まれのY氏なのに、なんでウシジマくんはこんなに色白なんだろう。不思議〜???


男の色白に賛成の人も反対の人も↓

theme : どうでもいい報告
genre : 日記

映画「アダムス・ファミリー」二作まとめて観た

面白いから観てみてよ、ホラーだけど全然怖くないから、と随分昔に娘に言われていたのを思い出し、今回ようやく観てみることに。笑えて泣けて、ちょっと考えさせられる、本当に良い作品でした。


アダムス・ファミリー
映画「アダムス・ファミリー
作品情報



この作品を観た一番の感想は、人間てつくづく既成概念に縛られている小さい生き物だな、ということ。
ホラーというだけで、この作品になかなか手が出せなかった自分はまさにその代表ってところでしょうか。

アダムス・ファミリー2
映画「アダムス・ファミリー2
作品情報



見たいものしか見ようとしないのが人間、そういう言葉もあるようです。
でも見えるはずのない物が見えちゃうのも、ちょっと問題あるんじゃないかと。
数日前から時折小さい黒い虫が視界に入るような気がしていたので、まさか飛蚊症?!な〜んて思っていたら、なんのこたぁない本当に蚊が飛んでました。
寒い季節の蚊って本当に哀れですよね。飛び方に勢いがなくて、簡単に叩きつぶせちゃうんだもん。

既成概念に縛られている小さい人間の私は、これからも観たい作品だけ観ていこうと思います。
何か文句ある?

文句のある人ない人どちらもまずは↓ポチッとよろしく。


・・・ウシジマくんの・・・しんさくじょ・・・・

theme : 映画感想
genre : 映画

映画「エリザベス」二作まとめ観賞

これまた歴史の勉強です。あら、時代的に「王妃マルゴ」と重なってたのね。マルゴの兄弟がエリザベスに求婚していたらしい。へ〜えええ、そーなんだ。


エリザベス
映画「エリザベス
作品情報



「王妃マルゴ」に比べ映像はずっと明るく見易いです。笑
暗い牢獄から明るい光の中に出て行く時の、目の眩むような光量の演出など、とても気が利いてます。
主人公のエリザベスだけでなく、出演者の衣装もどれも素敵で、それを見ているだけでも楽しい。
コスプレ好きにはたまりませんわ。

この時代の女性のドレスが胸を締め付けるようなデザインなのは若さを強調するためだ、みたいなことを聞いたことがあるんですけど。
胸がない方が魅力的ってことなのかしら?
女性の美しさの価値観て時代によって様々だそうですけど、巨乳がもてはやされる今の時代とは全く逆ですよね。

エリザベス:ゴールデン・エイジ
(c) 2007 Universal Studios. All Rights Reserved.
映画「エリザベス:ゴールデン・エイジ
作品情報



『スーツは男の戦闘服』だとすれば『厚化粧とドレスは女の甲冑』てなところでしょうか。
白塗り厚化粧のエリザベスは、いささか不気味ではありますが、君主としての威厳を保つための仮面だと思えば、その覚悟のほどが感じられるかと思います。
ゴールデンエイジでの白馬にまたがったまさに甲冑姿の彼女は本当にカッコ良かった。
ああいういでたちでは、胸はない方が違和感なくていいかも。

巨乳(好き)の人も貧乳(好き)の人も↓ポチッとよろしく。


theme : 映画感想
genre : 映画

映画「ロミオとジュリエット」二作品観比べ感想

1968年のオリビア・ハッセーのジュリエットの物と、1996年のレオナルド・ディカプリオのロミオの物を続けて観てみました。どちらも二度目の観賞です。


学生時代に度々シェイクスピアの戯曲を読まされました。原文も翻訳物も。
その度シェイクスピアの何が面白いんだろうと思ってたんです。
台詞の羅列で、何がなんだか良くわからないし。
そりゃ、そうですよね、だってお芝居の台本なんだもん。
それ読んで面白かったら、芝居の立つ瀬がないってもんです。
台詞以外の物は、劇を作り上げる人の裁量に任されている訳です。
その違いを感じるのに、この二つの映画はとても参考になりました。
台詞は両作品とも、ほぼシェイクスピアの物のままのようです。

ロミオとジュリエット
映画「ロミオとジュリエット
作品情報


オリビア・ハッセーの物は原作に忠実にルネサンス時代のイタリアのヴェローナが舞台の物語。
実際のロケ地もイタリアとのことで、建物や衣装の本物感が素晴らしいです。
すり減った石畳の坂道の質感などは、どれほど精巧なセットもかなわないと思う。
制作されてからそろそろ50年になりますが、今でもあの坂道が残っているのか気になります。
イタリアだったら残ってるかもしれませんよね。

ロミオ&ジュリエット
映画「ロミオ&ジュリエット
作品情報


ディカプリオの物は現代に舞台を移し、キャビュレット家モンタギュー家はギャングの家柄という設定になっています。
現代物で演じるには台詞がどうしても大仰に聞こえてしまうのだけど、そこはシェイクスピア劇だと思ってぐっと我慢。
前回観た時はこちらの現代物だけを観たので、出会って翌日にいきなり神の前で結婚の誓いを交わす、ってのがどうにも納得いかなかった私。
ですが今回新旧続けて観ると古い時代のキリスト教の大きな影響力ゆえのことなのかと、割と簡単に腑に落ちました。

ティボリオやマキューシオ、それにロミオの三つ巴のアクションシーンも、ギャングの抗争らしくて良いです。
脇役の造形がとてもしっかりしていて、そこいらの部分も目が離せません。
ひょっとしてティボリオとジュリエットの母親って、ただならぬ関係だったの?とか色々勘ぐってしまいたくなるの。
ジュリエットの母親はまだ30歳くらいの設定のはずだから、それも十分アリですもんね。
そういう意味ではディカプリオ版の方がずっと刺激的なので、エンターテイメント性は高いと思います。

でもね、やっぱりオリジナルの世界観がしっくりくるのはオリビア・ハッセー版だと思うんですよ。
当然といえば当然なんですけど。
でもそれはセットや衣装だけの問題ではなく、キャストの問題。
現代版のはロミオ役のレオナルド・ディカプリオが美し過ぎるんじゃないかと。

ロミオはジュリエットに出会う前にロゼラインという女性に恋い焦がれていた、という設定です。
でもジュリエットに一目惚れして、ロゼラインのことなんてすっかり頭から飛んじゃうの。
つまりそのくらいジュリエットが美しかったってことだと私は思うんだけど。
いや、もちろん、女の目から見て美しい女性と、男性の好みの美しい女性が必ずしも一致しないのは重々承知の上です。

それともロミオを演じる若いレオナルド・ディカプリオが、ジュリエット役のクレア・デインズよりも美しいと感じるのは私だけなのでしょうか?
物語の中で一番美しいのがジュリエットである、オリビア・ハッセー版の方がしっくりくるのは、そういうところなんです。

ディカプリオ版だけを観て、ロミオとジュリエットを語らないで欲しい。
どちらも未見の人には、まずオリビア・ハッセー版から観て欲しい。切にそう願います。



sakuragai.jpg
二十歳そこそこのレオナルド・ディカプリオは確かに美しかったけど、私にとっては今のウシジマくんの方がず〜っと美しいと思える存在。↑顔だけでなく手まで女の子みたいな、桜貝のような美しい指をしたウシジマくんの美麗ショット。新作情報はまだなの?ねぇ、まだ???

theme : 映画感想
genre : 映画

映画「ロビン・フッド」2作品見比べ

どちらが面白いか、どちらを見るべきか、と問われたら、私は1991年のケビン・コスナー版と答えます。ケビン・コスナーとラッセル・クロウどちらが好きかと聞かれたらラッセル・クロウですけどね。


ロビン・フッド
映画「ロビン・フッド
作品情報


エンターテイメント性は、ラッセル・クロウ版よりもこちらの方が断然上です。
悪代官を倒して終るシンプルな勧善懲悪物なので、安心して観ていられますから。
少しだけコメディタッチでもあるので、あちこちでチョコちょこ笑わせてくれるし。
「ロビン・フッド」という呼び名の由来も、ネーミングセンスの無さみたいなところから来ている、というのも妙に納得しました。

とはいえ前半のテンポの良さが、後半いくらかダレてきます。
私が見たところでは削ってもOKのいらないシーンもあったように思います。
そういう部分を睡魔と戦いながら、ラスト1分のショーン・コネリー登場まで耐えました。
コネリーのリチャードライオンハート(獅子心王)っぷりが素晴らしいです。
鎖帷子をあんなに色っぽく着こなせるのは、ショーン・コネリーくらいだと思う。
な〜んてのはきっとコネリーファンの贔屓目欲目ですな。
ああ、なんだか「ロビンとマリアン」が観たくなってきたわ。

因みに「ロビンとマリアン(感想はコチラ)」はただの熟年男女の恋物語なので、ロビン・フッド見比べには入れてません。
でもこのショーン・コネリーとオードリー・ヘプバーンがとっても素敵なんですわ。
未見の方はゼヒ是非。とかなんとか閑話休題。



ロビン・フッド
(C)2010 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.
映画「ロビン・フッド
作品情報



こちらのラッセル・クロウ版も、終盤までは悪くないと思ってたんですよ。
でも結局はあれもこれも詰め込み過ぎで、物語を閉めるのに入りきらない感あり過ぎ。
さらにはラストのあのオチは有り得ないわ。
私はてっきりライオンハートが帰ってくるんだと思ってたもの。

何故だか「しししんおう」で入力しても「獅子心王」って出てきません。
「しし・こころ・おう」で変換しなきゃならないのが面倒です。
でもライオンハートって良い響きよね、ウシジマくんにぴったりかも。
Usijima the Lionheart 、ってなんでアルファベット。
ここはやっぱり獅子心王丑嶋、だとくどいなぁ。
ライオンハート丑嶋、おお〜!これよコレ。素敵だわライオンハート丑嶋。
群れを束ねる猛獣のウシジマくんにはライオンハートがなきゃ勤まりませんよね。

shachooo.jpg
と、ここで訳もなくウシジマくんの登場。うむ、良い感じにウシジマくんでオチがついたわ。ひとり悦エツ。

ロビンフッドからウシジマくんへの飛躍についていけない人もいける人もどうか↓ポチッとよろしく!


ラッセル・クロウ版は、良いところもあったので【ラッセル・クロウ祭り】でもう少し詳しく述べたいと思います。あっっケビン・コスナー版は実はスッポンポン祭りだったりするってこともちゃんと記しておかなきゃね。

theme : 映画感想
genre : 映画

ネイビーシールズという名の二作品見比べてみた

リメイクというのでもないようだけど、やたら似通ってます。
リアルさで言うなら2012年の物に、面白さで言うなら1990年の物に、私なら軍配を上げます。


ネイビー・シールズ
映画「ネイビー・シールズ
作品情報



1990年の物は過去に一度観た覚えがあります。
特殊部隊という物にスポットが当てられた、最初の映画作品ではなかったかと記憶しています。
チャーリー・シーンとマイケル・ビーンというイケメン二人を軸にしているので、キャラがしっかり立っていて、エンターテイメント性は高いです。

ネイビーシールズ
映画「ネイビーシールズ
作品情報



新作の方は筋立てがいくらかひねってあってサスペンスタッチになっています。
でも出演者が皆どの人も特徴がなくて、誰が誰だかわからなくて・・・。
調べてみると役者ではなくて、現役の隊員なんですね。
それはそれでビックリですけど。

今回一番驚いたのは、旧作の中盤にシールズのメンバーがゴルフに興ずる場面でのこと。
ふざけたり、いたずらしたりする様子がUTubeなどで見かける、いたずら動画そのまんまなんですわ。
25年も前からアメリカ人て、ああいうバカ騒ぎが好きだったとは。
今も昔も変わっていないというのはある意味スゴイわ。
日本人はこの25年で全然変わっちゃったのにね。

ポチポチ↓行こか〜!


日本人の25年の変化についての記事はコチラです。

theme : 映画感想
genre : 映画

モンスターズ・インク&ユニバーシティ 二作まとめ観賞

モンスターズ・インクは2001年の劇場公開時に、娘二人を連れて観に行きました。結構ハラハラドキドキのアトラクション作品で、大人でも楽しめたことを良く覚えています。


モンスターズ・インク
映画「モンスターズ・インク
作品情報



2013年にモンスターズ・ユニバーシティが公開された時には特にそそられませんでした。
学生が主人公の話だから、だいたい中身の想像はついていましたから。
友情がテーマのちょうど娘たちの世代にむけた物語なんだろうなと。
今回レンタルで両方観て、やっぱりそうだったな、と確認した次第。
トウのたった大人がユニバーシティの方で観るべき物としては、石塚英彦の声優の技量がこの12年でかなり上がっているということくらいでしょうかね。

モンスターズ・ユニバーシティ
映画「モンスターズ・ユニバーシティ
作品情報



という訳で、以下あまり作品内容とは関係のない話ですが、お付き合いくだいませ。
たまたまなのかわかりませんが、ここしばらく私が観てきた映画やドラマの中で、名前を呼ぶとか、名前を付けるというエピソードが度々出てきました。

一番はっきりそれを言い切ったのがモンスターズ・インクでのマイクの言葉「名前なんかつけたら愛着が沸くだろ、ソレでいいんだ」
これはモンスターの世界に紛れ込んで来た小さな人間の女の子に相棒サリーが「ブー」という名前をつけたことに対する反論です。

全く逆の発想で、様々な銃器に名前をつけていたのが「ラストスタンド」に出てきた兵器マニアの男性。
サンドラだかベロニカだったか忘れましたが、とにかく一つ一つの銃に女性の名前が付けられていて、とても大事そうにしていたのが印象的でした。

ドラマ「ダークエンジェル」では、ジェネティックたちは元の組織マンティコアでは数字で呼ばれていました。
主人公のマックスはXファイブ452という具合に。
逃亡したXファイブ12人を連れ戻そうとするライデッガーは、最初はこの数字で彼女を呼んでいましたが、徐々に態度が軟化しやがてマックスと呼ぶようになります。
それに合わせるように彼の悪者らしさも影をひそめ、遂にはマックスが彼の妻の遺伝子を受け継いでいることを告白するのです。

最後は「ジュラシックワールド」に出てきた4頭のラプトルに名前をつけていたオーウェンについて。
4頭にチャーリー、デルタ、ブルー、エコーという名前が付けられていましたが、果たしてオーウェンは4頭の個体識別がついていたのでしょうか?
私はできていなかったと見ています。
アシスタントのような役割の黒人男性はついていたようですが。

オーウェンが個体識別できていたかどうかの投票所はコチラ↓ではありません。


theme : 映画感想
genre : 映画

「ラッシュ・アワー」三作まとめ観賞

私的には二作目が一番面白かったと思う。香港とLAいいとこどりで。

ラッシュアワー2
映画「ラッシュアワー2
作品情報



これまた【シリーズどこまで観たっけ?確認の巻】であります。
制作は順に1998年、2001年、2007年。
二作目を劇場観賞する前に、一作目をレンタルして観て、三作目が出たけど前の二作のことを全然覚えていなかったので、まぁまたレンタルになったらまとめて観よう、と思っていたら今の今まですっかり忘れてた。
たぶんそんなところでしょう。

一作目のラストに、刑事リー(ジャッキー・チェン)にくっついて香港へ休暇に出かけたカーター(クリス・タッカー)、二作目はその休暇先の香港での物語です。
なるほどだから私は二作目観る前に、一作目をレンタルしたのね。
三作目は、旧作レンタルで十分な内容でした。
パリが舞台というのがウリだったようですが、慣れない土地で撮影した感がアリアリ。
そういう意味でも二作目の香港とLAは、それぞれ二人の刑事の地元ということで、やりたい放題やって楽しんでる感があって良かったです。

この二作目の敵としてチャン・ツィイーが出てます。
最近になって「英雄HERO」や「 LOVERS」の可憐な彼女に惚れ込んだ私は、この「ラッシュ・アワー2」に彼女が出ていたということを知って、え?そうだっけ?と思っていました。
今回はそれの確認も含めてのまとめ観賞だったのですが、この悪役の彼女を見てビックリ!
ん?コレほんとにチャン・ツィイー?全然可愛くな〜い!・・・・・

全然可愛くない、というのはいくらか控えめな表現であります。
やたらメイクが濃くて、不細工で、有り体に言うと勘違い女みたい。
敵なんだから怖い女という造形なのかもしれませんが、あまりに酷いわアレは。
同じ二作目には、味方の美女としてイザベラというキャラが出てきます。
この彼女はその後、主演のジャッキー・チェン演ずるリー刑事と良い仲になるという設定なのですが、こちらは本当に綺麗に描かれていました。

味方を美しく描くのなら、それと同等かそれ以上に敵も美しく描かないといけないと思っているのは・・・、きっと私だけだな。
まぁ、彼女の本来の美しさを封印して、アクションの素晴らしさだけに注目して欲しい、そういう意図だと好意的に解釈したいと思います。

もうかりまっか?ポチポチ↓でんな〜。


theme : 映画感想
genre : 映画

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

観たいと思っている作品

「バリー・シール」「デイアンドナイト」「ハード・コア」

手に入れたいソフト

「ドラマうぬぼれ刑事」

一生観ないと誓った作品

「スパイダーマン」「ゴジラを始めとした大きい物の出てくる作品」「ジョーズ」「ゼログラビティ」「エイリアン」「オープンウォーター」「ブラックスワン」「ポセイドン・アドベンチャー」「E・T」「レッド・ドラゴン」「ハンニバル・ライジング」「猿の惑星シリーズ」

最近観た作品

「楊家将〜烈士七兄弟の伝説〜」「イブの総て」「百万長者と結婚する方法」「スーザンを探して」「おしゃれ泥棒」「子連れ狼」「PAN」「バクダッドカフェ」「グッド・ウィル・ハンティング旅立ち」「トースト」「坂の上の雲」「SMOKE」「エアフォースワン」「シュガーラッシュ」「ワイルド7」「ライフ・イズ・ビューティフル」「予告犯」「グラスホッパー」「ひみず」「ヒメアノ〜ル」「パリ、テキサス」「パパは出張中」「キングオブエジプト」「SCOOP」「ママ、ごはんまだ?」「イーグル・ジャンプ」「ジュピター」「暗殺の森」「神様メール」「王様のためのホログラム」「トランボ」「ダンス・レボリューション」「海賊と呼ばれた男」「無伴奏」「アスファルトジャングル」「ちはやふる」「ライジング・サン」「ライトスタッフ」「ムーラン・ルージュ」「小説家を見つけたら」「新幹線大爆破」「単騎、千里を走る」「鮫肌男と桃尻女」「でらしね」「タクシードライバー」「ファミリービジネス」「マイ・ブルーベリー・ナイツ」「人生、ここにあり!」「俺たちは天使じゃない」「昼顔(仏)」「プリティウーマン」「アントキノイノチ」「リオ・ブラボー」「エルネスト」「ゴールデン・サークル」「ルーシー」「ナイト・ライダー」「デューン」

ヒゲハゲ満足度について

映画やドラマなどの映像作品において、ヒゲハゲ観察ポイントを★の数で表しました。ヒゲハゲが期待通りの場合の3★★★☆☆を標準とし、期待を上回ると4〜5、下回ると1〜2となります。本来ならヒゲハゲを期待できない作品(アニメを始めとした子ども向け作品、あるいは若者向け青春物語等)において、何かしら麗しいヒゲハゲが見られたなら★がつく場合もあります。

あなたの清き一票を!

プロフィール

ケフコタカハシ

Author:ケフコタカハシ
半世紀を越える人生のほとんどを西洋かぶれで過ごしてきた主婦。ここ2年ほど山田孝之演じる実写版ウシジマくん中毒。「闇金ウシジマくんthe final」13回観ました。バイバイウシジマなんて言いませんからね〜!

どーでもいい日常の記録
「チェックも縞のうち」


闘病記の
「女の終活日記」
もよろしく。

現在の主な観察対象:山田孝之、ジェイソン・ステイサム
初恋の禿:ユル・ブリンナー
初恋の髭:デニス・ウィーバー
初恋の髯禿:ショーン・コネリー
大きくなったらなりたい物:仙人
将来の夢:一人暮らし
今一番行ってみたい場所:グランドキャニオンとラスベガス、香港
将来の希望:山田孝之の美白ヒゲを拝むこと

カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示