FC2ブログ

フードファイトリベンジならず

なんとあの大戸屋の麻婆豆腐定食は季節限定メニューだったのです!ま、ゴーヤーが入ってる時点でレギュラーメニューにしちゃ変だとは思ったんですよ。


yakipurin.jpg

写真↑は無印カフェの焼きプリン。
私が今まで作った中で、一番上手にできた時とほぼ同じ味なのが嬉しい。
さすがプロの作った手作りの味の完成度は半端ないですな。
プリンはやっぱり焼きプリンが一番美味しいと思う。

そういえば蒸し器はあるから、蒸しパンならできるなぁ。
蒸しパンて作る時に良い香りがするんだっけ?
蒸し物ってあんまり作ったことがなかったけど、新たな分野に挑戦してみるのもいいかも。


焼きプリンも蒸しプリンもゼラチンプリンも↓プリンの好きな人はポチッとよろしく!

theme : 美味しかった♪
genre : グルメ

久々のフードファイト

唐辛子の辛さは苦手ですが、胡椒や山椒の辛さは大好きです。久しぶりの大戸屋の麻婆豆腐に、ワクワクして挑みました。


foodfight.jpg


昨年の冬ではなく、その前の冬だったと思います。
大戸屋の麻婆豆腐の辛さに取り付かれ、何度も通ったのは。
今月からまた麻婆豆腐が新しいメニューに加わっているのを見つけ、すぐさまトライです。

辛さで言えば、前回の物の方が辛かったです。
花椒(中国山椒)の香りも今年のはあまり感じられなくて、そういう点では私の求めていた物とは少し違っていました。
でも美味しかったし、楽しかった。

前回の物は、辛さと煮えたぎった豆腐の熱さとの闘いでした。
今回の物は、辛さの闘いはさほどではありませんが、熱さと闘う相手がたくさんあります。
写真の丸い赤い物はミニトマトです。
わかりづらいのですが、他にナスとズッキーニ、それにゴーヤーも入ってます。
今回私が一番警戒していたのは、ゴーヤーの苦さ。

2001年の朝の連ドラ「ちゅらさん」をきっかけにメジャーになったこのゴーヤー。
あの頃試しに食べて、その苦さが受け入れられず、以来ほとんど口にしていません。
Y氏のファンになってから、初めて挑むゴーヤー。
ひょっとしたら何かしらの力が働いて(なんの力だよ?!)苦くないかも、とおそるおそる食べてみることに。

最初の二切れは、そんなに苦く感じませんでした。
辛さのせいなのか、熱さのせいなのかはわかりません。
でも残りの二切れが、かなり苦くて、私の許容範囲ギリギリの苦さでした。

ミニトマトは、箸でザクッとその腹をかっさばき、中から熱い汁が飛び出さないようにして口に運びました。
ナスにズッキーニ、それに豆腐もしっかり冷まして完食。
こうしてたやすく麻婆豆腐との闘いに勝利を納めたかに見えました。
ああ、それなのにそれなのに、意外なところに伏兵が潜んでいたのです。

写真右手前にある白い副菜、あれは冷たいカツオだしのすまし汁です。
入っている具はオクラとネギとレモンの輪切り。
麻婆豆腐の熱さと辛さを和らげるための物であることは明白です。
なんと絶妙な取り合わせなの、さすが大戸屋!と喜んだのもつかの間。
一口味わうなりネギの辛さが口の中と鼻の中をツーンと襲いました。

ギョエ〜〜〜〜ッッッ!
私の嫌いな、そしてウシジマくんも大嫌いな、生のネギだわっっ。

そうです。
暖かい汁物のネギならば、そんなに辛くもないのに、冷たい汁物に入れられたそのネギは生同然だったのです。

結局この汁物の中のネギ二切れほどを、残してしまい完食できず。
麻婆豆腐には勝ったけど、麻婆豆腐定食には負けを喫してしまいました。
ぐぬぅ・・・なんという敗北感・・・。

二戦目への対策はすでに練ってあります。
けれどもやはり一番の懸念はゴーヤーの苦さ。
今回は最初の二切れが何かしらの力が働いた(本当か?)のか、さほど苦く感じませんでしたが、次もそれを期待してはならないと思っています。
最初の一切れ目から苦いと、苦しい闘いになるような気がするんですよねぇ。

ひょっとして、ゴーヤーって冷めると苦みが強くなるんでしょうか?
最初の熱々のうちにゴーヤーを全部やっつけた方がいいのかな?
どなたかゴーヤーに詳しい方、対策をご教授くださいませ。

ゴーヤーが好きな人も嫌いな人も↓


sitimitappuri.jpg
唐辛子はへっちゃらなウシジマくん。天そばが真っ赤になるくらい七味唐辛子をかけているところ。

theme : どうでもいい報告
genre : 日記

ウシジマくんの次にミョウガが好き

前回「ウシジマくんと同じくらい好き」と発言して墓穴を掘った(その時の記事はコチラ)ので、今回は言葉を慎重に選びました。夏になると大好きなミョウガが美味しくいただけるので嬉しいです。

myouga.jpg


煮物、酢の物、和え物、味噌汁、何にでもミョウガを入れてしまいます。写真は味噌汁に入れた物。我が家の味噌汁は、カツオと昆布で出汁をとって、味噌は自家製で・・・というのは過去のこと。夫婦二人の生活になった今は、めったにそんなことしません。

写真のは「マルコメ赤出ししじみ汁」のインスタントにミョウガを放り込んだだけの物です。インスタント味噌汁は、やや味が濃いので一食分を二人で分けるとちょうど良い量になります。ミョウガを入れると風味も増しますからね。


ポチッとしよう↓ポチッとします↓ポチッとする↓ポチッとすれば↓ポチッとせよ↓


theme : 闇金ウシジマくん
genre : 映画

酸いも甘いも苦いも塩っぱいも

下の娘はお茶が大好きで、中でも渋〜いウーロン茶や濃い〜い日本茶を好んで飲んでいます。そんな彼女が新しいバイトを始めました。イタリアンレストランのフロア係です。仕事の中にはエスプレッソマシンでエスプレッソを淹れるというのも含まれるとのこと。

私は知らなかったのですが、このエスプレッソマシンでエスプレッソを淹れるのにはある程度の技術が必要なんだそうですね。コーヒーメーカーみたいに豆と水をセットすれば、勝手にコーヒーが出来上がって、誰が淹れても同じ味という訳にはいかないんだそうです。

そんな訳で娘は現在エスブレッソ作りの修行中なのですが、大変困ったことに彼女はコーヒーが飲めない。つまり自分の淹れたエスプレッソが美味しいかどうか、というよりも【何がどう不味いか】が理解できないのです。私には飲めないくらい苦い日本茶を平気で飲む彼女ですが、コーヒーの苦さ(と臭いも)が全く受けつけないらしい。

娘は新店舗のオープニングスタッフとして修行中です。店のオープンまで一ヶ月もありません。それまでに果たして彼女は美味しいエスプレッソが淹れられるようになるのでしょうか?!

写真は↓カステラを頬張るウシジマくん。でも私は知っている。Y氏が本当は甘い物が苦手なことを。プロならばその程度のことは克服できるはず。頑張れ!娘よっっ!ウシジマくんに負けるんじゃないっっ。って、またどっかズレてるよ〜。

kastela1.jpg
kastela2.jpg
kastela3.jpg



娘にエールを送るため、どーかポチッと↓お願いします。



theme : コーヒー
genre : グルメ

エメマンブラック飲んでみた


ememanbl.jpg


ジョージアのCM、今まで色々ありましたが、今回の「ここだけの話」篇が一番好きです。「豆の味をストレートに味わえるのは、ブラックなんだよ。さすが俺の豆だ。」とのY氏のこの台詞に誘われ、あちこち探して(大袈裟でなく本当に三軒ほど回ってようやく入手した)飲んでみました。ホットならノンシュガーでも大丈夫なので、できればホットがいいなと思っていたら、一本売りはホットしか置いてないということなので、迷わずこれを購入。

ふむふむ、確かにクセがなく程よい苦みで、フレッシュな豆の味がしました。けどね、ホットの缶コーヒーって、口に含むまでにかなりアレコレ障害があると思うんですよ。まず素手で飲むのが大変、今回は車の中でドライビンググローブはめた状態で飲みました。気温がさほど低くなかったので、冷め方もちょうど良かった。少し前の寒い時期だと、あっと言う間に冷たくなってしまったことでしょう。そこいらへんのことなんとかなるといいのにね。あっと驚く発想の転換でもないと無理だろうな。


black1.jpg

この一瞬の流し目↑がたまりませんわ。

theme : 美味しかった♪
genre : グルメ

インチキではないのにね

当地はイ◯ンのお膝元で、あちこちにイ◯ンモールがあり「石を投げればイ◯ンに当たる」ようなエリアです。我が家から車で30分のところに、ざっと数えただけでも6つものイオ◯モールがあります。1時間の距離に範囲を広げたら、いったいいくつあるんだか、というまさにイ◯ン飽和状態です。

それだけ沢山あるイ◯ンで、お惣菜コーナーをのぞいてみると、品揃えはどこもだいたい同じ。ま、さして驚くことではありませんけどね。ところが、品揃えは同じでも、どこも味が同じという訳ではなんだなぁコレが。同じ素材を使った同じ料理なのに、調理する人の腕の善し悪しでこんなに美味しさが違うのか、と図らずも食べ比べしてしまうことが度々あるのです。

写真↓は我が家の最寄りのイ◯ンで買った「チーズインチキンカツ」なかなか美味でした。インチキチーズの入ったカツかと思ったら、カマンベールチーズの入ったチキンカツです。やや売れ残りぎみだったのは、やはり名前がちょっと誤解を招いてるからでしょうか。「チーズ入りチキンカツ」でいいと思うんだけど。

katsu.jpg


我が家の最寄りのイ◯ンのお惣菜は、周辺イ◯ンの中で一番美味しいと思います。おそらく作っている人が、ベテランのおばちゃんたちだからでしょう。ここはイオ◯モールではなく、どちらかといえば昔のジャ◯コに近い、地元に根ざしたスーパーという趣。しかも私の知っている限りここいらで一番古い店舗です。

あ、ここの店は前述の6つのイオ◯モールには入ってませんからね。他にマック◯バリュなんて店もあって、これも数えたら本当にイ◯ン系列の店がいったいいくつあるのか、数えるのも面倒になってきます。はてさて、どこまでイ◯ンの勢いが続くのか見物ですな。

theme : 美味しかった♪
genre : グルメ

年に一度のBD

私には牛スジよりも好きな食べ物があります。それはブリ、ハマチよりもブリ、それも寒ブリ。でもねブリってなんとマグロの赤身の倍のカロリーがあるんですよ。まぁ脂たっぷりですからねぇ。ブリという名前もアブラのブラ→ブリという説があるくらいですから。

そんな訳で最近は健康のことも考えて、むやみやたらにブリを食べないようにしていました。食するのは年に一度にしようと心に誓っていたんです。年に一度って何時?そうだ!私の誕生日はまさに寒ブリのシーズン、この日にブリを食べればいいんだ!と我ながらの名案に悦に入りながら本日を迎えました。

大手スーパー二軒をのぞいてみると、置いてあるのは愛媛産、宮崎産、熊本産のブリ。迷った挙げ句、馴染みのある愛媛産のブリの冊を買ってきました。何を隠そうこの私、愛媛県は松山の出身で、帰省すると毎日のようにハマチの刺身が食卓に上ります。ハマチとブリの違いは、ざっくり言うと大きさです。また養殖物をハマチという風習もあるそうです。

今日買ってきた物にははっきりと「愛媛県産天然ブリ」と書かれていました。けど正直なところ店頭で見た時から、実家でいつも食べてるハマチと何が違うの?という気はしてたんですわ。で、実際食べてみたらやっぱり「実家でいつも食べてるハマチとさして違わないじゃん」という結論に至りました。苦苦苦、お腹は満たされたけれど、心は満たされることなく終わったBDブリデーでありました。年が明けたら氷見の寒ブリでリベンジぢゃ〜〜!!!

sasimi.jpg


写真↑手前の二山がブリ、向こう側の赤いのは愛媛県産真鯛、真ん中三山白っぽいのが神奈川県産太刀魚。太刀魚の刺身は初めてで、コレが一番美味しかったと思う。真鯛は刺身よりも火を通した方が美味しいことに、今頃気が付くオマヌケな私。

theme : +おうちでごはん+
genre : グルメ

ウシジマくんはお甘いのがお好き?

kurumari.jpg


他の部分では色々と手を抜いたけれど、食に関してだけはなるべく手を抜かないようにして育てた娘たちは、そこそこ敏感な舌の持ち主となりました。味噌汁の出汁がイリコ出汁かカツオ出汁かを嗅ぎ分けたり、レストランで何かのトッピングに温泉卵を追加しては「この温泉卵まずい」と文句を言ってみたり。善し悪しはあれど、ちゃんとした味覚を持っていると、親として自信を持って断言できます。

けれども嗜好に関しては全く別もの。好き嫌いという部分では、生まれ持った物が大きいらしい。一番ショックだったのは、二人ともケチャップが嫌いということ。ロールキャベツにポン酢をかけると言い出した時には、思わず心の中で「そんな人間に育てた覚えはないっっっ!」と罵っていました(笑)

特に上の娘は食事の時の甘い物が苦手なようで、オムライスにはケチャップなし派です。確かにケチャップの調味料のメインは甘さですものね。それからするとオムライスにケチャップを山盛りかけるウシジマくんて、ひょっとして甘い物好き?というよりカツ丼にた〜っぶり七味唐辛子をかけるところを見ると、濃い味好きということでしょうか。

写真は「オムライスとダイニングバーKURUMARI」というお店の自家製ケチャップオムライス。この自家製ケチャップが全然甘くなくて、トマトの酸味の効いたフレッシュな味が特徴でした。こういう甘くないケチャップだと上の娘も食べるかも。でもこのお店は一般的なオムライスでなく、一風変わった物が売りとのこと。一番人気は「ごぼうポタージュオムライス」次に行った時はコレ食べてみよう。

theme : 美味しかった♪
genre : グルメ

サイの目大根スープ

daikon.jpg


大根の美味しい季節になりました。寒くなると我が家の食卓にしばしば上がるのが、さいの目大根スープ。読んで字の如く、さいの目に切った大根を適当なスープで煮るだけ。写真は木目のお椀に入ってますが、中華風です。中華スープの素で煮込んで、ネギと生姜で味付け。仕上げに中国山椒(花椒)やラー油を振ります。

洋風にしたければ、コンソメで煮てトマトジュース入れて乾燥パセリやバジルを振ればオシャレなスープの出来上がり。もちろん和風のカツオ出汁でもOK。塩か醤油を一たらしして、柚子胡椒で風味付けなんかもいいですね。間違えても味噌味なんかにしちゃいけませんよ。大根の味噌汁になってしまいますから。

theme : 簡単レシピ
genre : グルメ

シャキーン!てなったよ

shkiin.jpg

半信半疑で飲んでみたら、けっこうすぐに頭が冴えてきて、体が軽くなったような気がしたので、直ちに犬の散歩に出ました。まさかそんな簡単に効いてくる訳ないじゃん、となめてかかっていたら、しばらくして強烈な尿意が襲ってきました。つまり脳細胞だけでなく、膀胱の働きも活発になってきたってことです。やっぱり効いてるってことよね。

theme : 美味しかった♪
genre : グルメ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

観たいと思っている作品

「バリー・シール」「デイアンドナイト」「ハード・コア」

手に入れたいソフト

「ドラマうぬぼれ刑事」

一生観ないと誓った作品

「スパイダーマン」「ゴジラを始めとした大きい物の出てくる作品」「ジョーズ」「ゼログラビティ」「エイリアン」「オープンウォーター」「ブラックスワン」「ポセイドン・アドベンチャー」「E・T」「レッド・ドラゴン」「ハンニバル・ライジング」「猿の惑星シリーズ」

最近観た作品

「楊家将〜烈士七兄弟の伝説〜」「イブの総て」「百万長者と結婚する方法」「スーザンを探して」「おしゃれ泥棒」「子連れ狼」「PAN」「バクダッドカフェ」「グッド・ウィル・ハンティング旅立ち」「トースト」「坂の上の雲」「SMOKE」「エアフォースワン」「シュガーラッシュ」「ワイルド7」「ライフ・イズ・ビューティフル」「予告犯」「グラスホッパー」「ひみず」「ヒメアノ〜ル」「パリ、テキサス」「パパは出張中」「キングオブエジプト」「SCOOP」「ママ、ごはんまだ?」「イーグル・ジャンプ」「ジュピター」「暗殺の森」「神様メール」「王様のためのホログラム」「トランボ」「ダンス・レボリューション」「海賊と呼ばれた男」「無伴奏」「アスファルトジャングル」「ちはやふる」「ライジング・サン」「ライトスタッフ」「ムーラン・ルージュ」「小説家を見つけたら」「新幹線大爆破」「単騎、千里を走る」「鮫肌男と桃尻女」「でらしね」「タクシードライバー」「ファミリービジネス」「マイ・ブルーベリー・ナイツ」「人生、ここにあり!」「俺たちは天使じゃない」「昼顔(仏)」「プリティウーマン」「アントキノイノチ」「リオ・ブラボー」「エルネスト」「ゴールデン・サークル」「ルーシー」「ナイト・ライダー」「デューン」

ヒゲハゲ満足度について

映画やドラマなどの映像作品において、ヒゲハゲ観察ポイントを★の数で表しました。ヒゲハゲが期待通りの場合の3★★★☆☆を標準とし、期待を上回ると4〜5、下回ると1〜2となります。本来ならヒゲハゲを期待できない作品(アニメを始めとした子ども向け作品、あるいは若者向け青春物語等)において、何かしら麗しいヒゲハゲが見られたなら★がつく場合もあります。

あなたの清き一票を!

プロフィール

ケフコタカハシ

Author:ケフコタカハシ
半世紀を越える人生のほとんどを西洋かぶれで過ごしてきた主婦。ここ2年ほど山田孝之演じる実写版ウシジマくん中毒。「闇金ウシジマくんthe final」13回観ました。バイバイウシジマなんて言いませんからね〜!

どーでもいい日常の記録
「チェックも縞のうち」


闘病記の
「女の終活日記」
もよろしく。

現在の主な観察対象:山田孝之、ジェイソン・ステイサム
初恋の禿:ユル・ブリンナー
初恋の髭:デニス・ウィーバー
初恋の髯禿:ショーン・コネリー
大きくなったらなりたい物:仙人
将来の夢:一人暮らし
今一番行ってみたい場所:グランドキャニオンとラスベガス、香港
将来の希望:山田孝之の美白ヒゲを拝むこと

カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示