FC2ブログ

2017年マイベスト映画 5位

5位と4位の差はソフトを手に入れたいと思うかどうかの差で決まりました。

ichino31.jpg
♡めずらしくアンニュイなウシジマくん♡



5位 「アウトレイジ最終章」の感想はコチラ

怖いし暗いし全く華やかさに欠けるし、正直何がどう面白いのか、なかなか言葉にできないんですけど、大きなスクリーンで観られたことがこんなに嬉しかった作品は初めてです。
スクリーンを注視している間の、心臓ばくばくドキドキ感は「ジュラシックパーク」の勘違い観賞(詳しくはコチラ)の時以来だったかも。
でもあの時とは違ってワクワクどきどき感の方が勝っていたから楽しかったんだと思います。
ですから2回目以降は多少そのワクワク感が薄れるような気がするんですよ。

正直ソフトリリースされても買おうとは思いません。
でも最初の作品から3作まとめて観てみたいのは確か。
あの「ゴッドファーザー」を一日でまとめて観賞したように、これも一日で全部観るのもなかなかオツな物でしょう。
まさに「ゴッドファーザー」と並ぶ裏社会映画だと思う。
こっちの方が地味さ渋さ&暗さでは上なのは間違いないです。笑

あ、そうそうY氏とビートたけしが共演したテレビ東京のドラマ「破獄」なんでソフトリリースされないんでしょうかねぇ。
深夜バラエティ「山田孝之の元気を送るテレビ」なんて物のソフト化より「破獄」の方が先でしょ〜〜!
とここでY氏の話題を出したのは、ベスト4位がY氏関連作品だからだったりする、そうアレですよアレ。


/ ←ひとポチよろしく!

theme : 映画館で観た映画
genre : 映画

2017年マイベスト映画 6位&7位

6位と7位の作品も老若男女にお勧めしたい作品。ただし8位9位と違い、観終わってちょっと心が痛むんですけど、その痛みが心地良いようなある意味大人の味わいのあるものです。


prince.jpg
♡ウシジマ王子♡



6位「たかが世界の終わり」感想はコチラ

7位「この世界の片隅で」感想はコチラ

両者ともに出てくるエピソードに何かしら思い当たる部分があれば、かなり辛い思いをすることになるんでしょうね。
「この世界の片隅で」に関しては戦争に関わることなので、私には直接思い当たるものはありませんでした。
けれども「たかが世界の終わり」で描かれる親兄弟の確執みたいな物に覚えがあると、ちょっと辛いらしいです。
私にはそういうのがないので、それなりに冷静に観ることができたんですけど、むしろ娘がこの作品は辛い、と感想を口にしたことがいくらかショックでした。


/ ←ひとポチよろしく!

theme : 映画館で観た映画
genre : 映画

2017年マイベスト映画 8位&9位

ベスト9以降は全て私のお気に入りの作品です。8位と9位は老若男女問わず楽しめて、スカッと気持ちよくなれるものを選んでみました。両者に差があるとしたら8位の方は2回観たってことでしょうか。

boooori2017.jpg
♡30歳になっても美しい♡




8位「シング SING」感想はコチラ

9位「ジャスティス・リーグ」感想はコチラ

ああ〜、そういえば「シング SING」のソフトを買いたいとか言ってたんだっけ、どっかに良い中古が出てないかな〜?!笑
「ジャスティス・リーグ」は本当に宣伝が上手だったと思いますわ。
あんまり期待してなかったのに、ここまで色々と紆余曲折の寄り道(鷹の爪団も含め笑)してのこの作品で、どんでん返しの九回裏逆転ホームランという感じでした。
つまり個人的には次の作品にはあまり興味はない、ってことです。オイオイ
とりあえず過去のスーパーマン作品をTSUTAYAディスカスのリストに入れておきました。
バットマンもちょっとだけ気にはなってます。ほんのちょっとだけね。


/ ←ひとポチよろしく!

theme : 映画館で観た映画
genre : 映画

2017年マイベスト映画 10位

今年は沢山映画館で新作映画を観ました。数えてみると約60作品ほど観たようです。私の半世紀を超える人生で、一番沢山劇場観賞をした年であることは間違いありません。そんなワケで2017年に観た作品の中から私のベスト10を選んでみました。

mottosinkenni.jpg
<ついでにウシジマくんベスト写真も>



私は星の戦争も東方列車も興味はないので、残り半月の間に映画館に行く予定はありません。
ですから対象作品は単純に2017年1月〜12月までの間に劇場観賞した作品の中から選んでいます。
まずは同率10位に3作品選んでみました。
選考理由は、個人的にはあまり好きではないけれど見応えがあって良かったのでお勧めしたい、というものです。

10位「ライフ」感想はコチラ

10位「散歩する侵略者」感想はコチラ

10位「エル ELLE」感想はコチラ

私にとってこれら3作品は後味の悪さが半端なくて、観終わってからのテンションの下がり方が本当にひどかったものたちです。
特に「ライフ」にいたっては、TOHOのフリーパスを使っての観賞でなければ決して観ようとは思わなかったものの上、さらには2度と見たくないとも思った稀有な作品でもあります。
あれこれ私の苦手な物がギッシリつまった、私にとっては悪夢のようなこの映画。
いったい私はどういうのが苦手なんだろう、ってことに興味がおありの方は是非ご覧くださいませ。

「散歩する侵略者」と「エル ELLE」は、1回観たくらいじゃ細かいところまで把握しきれなかったので、忘れた頃にレンタルでもしてみようかな、くらいの気持ちはあります。
ただそれがどのくらい先のことかはわかりませんけどね。
あんまり先になると内容を忘れちゃって初見と同じ気持ちで観ることになって、またまたテンション下がっちゃったら困るから、こうしてピックアップしておけば忘れることはないかな、というのも選考理由だったりする。


/ ←ひとポチよろしく!

theme : 映画館で観た映画
genre : 映画

珍しくランキングなぞ

今年は人気マンガ作品を実写化した映画が色々と話題になったような気がします。かくいう私も5作品観ましたので、それらのランク付けをしてみました。どの作品も締め方が、まだ次もあるよ的な終り方だったので、次回作が観てみたいかどうかという点を重視して以下の順位となっております。

☆第一位☆「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」感想はコチラ
三部作の1作目という位置づけだと聞いています。
シリーズ中最強の敵と言われるキャラの登場も匂わせて終っていました。
そのキャスティングがどうなるか、というのも併せてとても興味があります。
原作を知っている下の娘とあの人がいい、この人ではどうかと、ひとしきり盛り上がったんですよ。
少なくとも山田孝之でないことは確か。笑
三池監督のY氏の使い方は本当に上手だよな、とつくづく思いますわ。

☆第二位☆「東京喰種トーキョーグール」感想はコチラ
全体的にやや小粒ではありましたが、いい感じで世界観を作り出していたように感じました。
キャスティングがそんなに派手ではないけれど、吟味された人たちだったのが良かったのかも。
グールたちがその後どうなるのか、ちょっと見てみたいと思ったんです。

☆第三位☆「鋼の錬金術師」感想はコチラ
めでたしメデタシの良い感じで終るのかな、と思っていたら何やら不穏なシーンがラストにあったのでちょっとガッカリしたのは確か。
まさか続編もある、ということなんでしょうか?
もしそうだとしたら私はやめて欲しいです。
せっかく原作を冒瀆しないギリギリのところで踏みとどまっているのに、これ以上続けたら絶対原作の評価を落とすと思う。

☆第四位☆「銀魂」感想はコチラ
既に次回作の制作発表がされています。
でも私はもういい、福田雄一のコメディはお腹いっぱいなんです。
頑張ってよりバカバカしく笑える作品にしてください。
エリザベスがばんばん活躍して、Y氏がベラベラしゃべるってんなら行ってもいいけど。
そうでなければ観に行く事はないでしょう。

☆第5位☆「亜人」感想はコチラ
申し訳ありませんが何故この原作マンガの人気があるのか全くつかめませんでした。
殺されてもまた生き返るという特殊能力者の話だと思ってたのに、全然違うじゃありませんか。
もし続編が作られることになったら、私はすごーく驚くでしょう。


/ ←ひとポチよろしく!


senaka73500.jpg
♡おっと忘れてた写真のない時のウシジマくん大きな背中がステキ♡



theme : 邦画
genre : 映画

デニーロ祭り開催中らしい

いや特にどこかのチャンネルで、というのではありません。私が通っている整骨院の先生が自宅観賞でロバート・デニーロの物ばかりレンタルしている、というだけの話です。新しいカテゴリ「映画振り返り」作りました。


deniiiiiro.jpg
<なかなか素敵なおじさまだとは思う>



以下、先日の私と先生の会話です。

先生「アンタッチャブル借りてきたんですよ」
私 「あ〜ショーン・コネリーの!」
先生「そうそう僕はロバート・デニーロが見たくて」
私 「ん?デニーロも出てたんだっけ」
先生「他にジャン・レノと一緒に出てるローニンていうヤツ」
私 「浪人?あ、ひょっとしてアールオーエヌアイエヌのRONIN?」
先生「それですソレです!良く知ってますねー」
私 「いや、私はショーン・コネリーとジャン・レノのファンだから」
先生「アナライズ・ミーとアナライズ・ユーは面白かったですよ」
私 「ダーティ・グランパはオススメ、でも夫婦で見ちゃダメかな笑」

と、こんなやりとりがあったので私が観たことのあるデニーロ作品を調べてみました。

「ゴッドファーザーpart2」1974年公開 感想はコチラ
デニーロはこのシリーズにはチラッとしか出ていないんですね。

「タクシードライバー」1976年公開
デニーロ目当てに割と最近レンタルしました。けど、若いデニーロはあんまりピンとこなかったような覚えが。

「アンタッチャブル」1987年公開 感想はコチラ
ショーン・コネリー見たさに劇場公開時に行きましたよ。でもデニーロがどういう役だったかまるきし記憶にありません。

「俺たちは天使じゃない」1989年公開
ついこないだレンタルしたばかりですよ。ラストがなんともジンと心に染みましたわ。

「バック・ドラフト」1991年公開
まだビデオの時代にレンタルして観ました。私の苦手なジャンルの作品なので2度と観ることはないと思います。

「RONIN」1989年公開
「LEON」を観てジャン・レノにはまった時に見たんですけど、どういう内容だったのか全然覚えてません。ということでTSUTAYAディスカスのリストに入れておきました。

「キラー・エリート」2011年公開 感想はコチラ
ジェイソン・ステイサム主演作品、でも筋立てはあまり覚えてません。なんか他のジェイソン作品とごっちゃになってるような気が・・・笑

「マラヴィータ」2013年公開 感想はコチラ
リュック・ベッソン監督作品だったので観てみました。私は嫌いじゃないです。

「ダーティ・グランパ」2016年公開 感想はコチラ
「アンタッチャブル」の次に劇場公開時に観たデニーロ作品、って30年ぶりじゃん!?でもコレは最初から白髪デニーロおじさまが目当てだったので、おそらく私の一番お気に入りのデニーロ作品ということになるはず。いいのか?それで。笑

こうして振り返ってみての結論として、やっぱり私は老け専なんだということを痛感しました。
だって「ダーティ・グランパ」以外で見たデニーロのこと、殆ど記憶にないんですもん。
あっっ「マイ・インターン」借りようと思ってるのに、いつも忘れる〜。


/ ←ひとポチよろしく!

theme : 洋画
genre : 映画

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

観たいと思っている作品

「バリー・シール」「デイアンドナイト」「ハード・コア」

手に入れたいソフト

「ドラマうぬぼれ刑事」

一生観ないと誓った作品

「スパイダーマン」「ゴジラを始めとした大きい物の出てくる作品」「ジョーズ」「ゼログラビティ」「エイリアン」「オープンウォーター」「ブラックスワン」「ポセイドン・アドベンチャー」「E・T」「レッド・ドラゴン」「ハンニバル・ライジング」「猿の惑星シリーズ」

最近観た作品

「楊家将〜烈士七兄弟の伝説〜」「イブの総て」「百万長者と結婚する方法」「スーザンを探して」「おしゃれ泥棒」「子連れ狼」「PAN」「バクダッドカフェ」「グッド・ウィル・ハンティング旅立ち」「トースト」「坂の上の雲」「SMOKE」「エアフォースワン」「シュガーラッシュ」「ワイルド7」「ライフ・イズ・ビューティフル」「予告犯」「グラスホッパー」「ひみず」「ヒメアノ〜ル」「パリ、テキサス」「パパは出張中」「キングオブエジプト」「SCOOP」「ママ、ごはんまだ?」「イーグル・ジャンプ」「ジュピター」「暗殺の森」「神様メール」「王様のためのホログラム」「トランボ」「ダンス・レボリューション」「海賊と呼ばれた男」「無伴奏」「アスファルトジャングル」「ちはやふる」「ライジング・サン」「ライトスタッフ」「ムーラン・ルージュ」「小説家を見つけたら」「新幹線大爆破」「単騎、千里を走る」「鮫肌男と桃尻女」「でらしね」「タクシードライバー」「ファミリービジネス」「マイ・ブルーベリー・ナイツ」「人生、ここにあり!」「俺たちは天使じゃない」「昼顔(仏)」「プリティウーマン」「アントキノイノチ」「リオ・ブラボー」「エルネスト」「ゴールデン・サークル」「ルーシー」「ナイト・ライダー」「デューン」

ヒゲハゲ満足度について

映画やドラマなどの映像作品において、ヒゲハゲ観察ポイントを★の数で表しました。ヒゲハゲが期待通りの場合の3★★★☆☆を標準とし、期待を上回ると4〜5、下回ると1〜2となります。本来ならヒゲハゲを期待できない作品(アニメを始めとした子ども向け作品、あるいは若者向け青春物語等)において、何かしら麗しいヒゲハゲが見られたなら★がつく場合もあります。

あなたの清き一票を!

プロフィール

ケフコタカハシ

Author:ケフコタカハシ
半世紀を越える人生のほとんどを西洋かぶれで過ごしてきた主婦。ここ2年ほど山田孝之演じる実写版ウシジマくん中毒。「闇金ウシジマくんthe final」13回観ました。バイバイウシジマなんて言いませんからね〜!

どーでもいい日常の記録
「チェックも縞のうち」


闘病記の
「女の終活日記」
もよろしく。

現在の主な観察対象:山田孝之、ジェイソン・ステイサム
初恋の禿:ユル・ブリンナー
初恋の髭:デニス・ウィーバー
初恋の髯禿:ショーン・コネリー
大きくなったらなりたい物:仙人
将来の夢:一人暮らし
今一番行ってみたい場所:グランドキャニオンとラスベガス、香港
将来の希望:山田孝之の美白ヒゲを拝むこと

カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示